特進ブログプロジェクトに参加したら良い事があるかも・・
特ダネ情報に注目!欲しい特ダネ情報紹介!

スポーツ

疑惑の判定続出!!ソチオリンピック

ソチオリンピック開催中!!
日本選手に頑張って欲しいのですが・・・・
メダル候補といわれながら・・・メダル獲得者がいない・・・・

ソチオリンピックで気になるのが、疑惑の判定。
日本では取り上げられていないですけど・・・・
フィギュアスケート団体戦では、ロシアが優勝するように採点に疑惑があったような・・・
イタリアの新聞が報じていました。
関係者は否定していますけど、新聞が報じているという事はニュースソースがあるということです。
優勝が決まる前に報じられ、結果も報道のとうり。

中国の新聞なら信用度が低いですけど、イタリアの新聞ならある程度は信頼度がありそう・・・・

更に出てきたのが、女子モーグルの採点疑惑!!
上村愛子選手は4位!!4位でも立派な成績ですが・・・・
決勝でエア、ターンとも完璧な滑りをした上村選手よりも、エア、ターンでミスが出たカーニー選手の方が得点が高かったという採点結果。

多くの人が、疑問を呈しています。
スキーやスケート競技の多くは、スピードを競いますから採点と言うよりも、タイムで決まります。
フィギュアスケート、モーグルなどは、スピード技の出来栄えの採点で決まりますから、ジャッジの好みが入ってしまうものです。
疑問を感じている人の好みもありますけど・・・・
アメリカ、ヨーロッパ、アジアなどの地域によっても、好みが違うのが現実。

オリンピックの疑惑の判定は、避けられないものです。
バンクーバーオリンピックのときにもありましたし・・・・

疑惑があっても、判定が変わるわけじゃないし・・・
日本選手で期待したいのが、女子スキージャンプの高梨沙羅選手と、フィギュアスケートの選手たち。

フィギュアスケートと言うと、男子では羽生結弦高橋大輔町田樹選手!!
女子では、浅田真央鈴木明子村上佳菜子選手!!

フィギュアスケートも採点競技ですから、ジャッジの好みで点数が変わりますね。
と、言う事はグランプリシリーズの出場や成績も関係します。

女子フィギュアスケートでは、グランプリシリーズに出場していない韓国のキム・ヨナ選手の採点結果です。
グランプリシリーズに出ずに、オリンピックで優勝!!
ISUとしては、グランプリシリーズの価値を落とすものですから、受け入れがたいのが本音かもしれません。
前回、バンクーバーオリンピックの優勝と言うインセンティブはありますけど・・・・

日本選手で言えば羽生結弦選手は好調を維持しているようですけど、他の選手は調子を落としているような・・・モットモ、調整期間がありますから試合当日まではわからないですけど・・・・

気になったのは、フィギュア団体での鈴木明子選手の得点ですね。
出来栄えから言えば、もう少し高得点が出てもよさそうに思えますけど・・・・

ソチオリンピックで、フィギュアスケート団体とモーグルで、疑惑の判定が出ていますから今後の種目でも、出そうな雰囲気です。


食品・ドリンク・お菓子

医者が薦める健康法とは?体の中から健康づくり

サプリメントなどの健康食品は数多くあります。
そんな中で、効果のある商品を選ぶには、医者に聞いてみる方法があります。

医学的知識に基づいたアドバイスは信頼できます。
多くの医者に選ばれているサプリメントが、なっとう家族です。
お医者さんが愛用しているサプリメントなら、安心できます。
納豆をフリーズドライ粉末にした「なっとう家族」は、特有の臭いが無いですから、納豆を敬遠しがちな人にも好評のサプリメントです。

「なっとう家族」は、1粒で約7億個の納豆菌が生きたまま腸へ届いて腸を健康にします。
腸の調子が良くなれば、便秘や肌荒れの改善にもつながります。
腸から健康になる事で体調も良くなりますし、免疫力がアップする事により病気に掛かりにくくなりそうです。
腸の状態が良くなり健康になれば、体の内部からアンチエイジングできそうです。

今なら、お試しキャンペーンを行なっています。
「なっとう家族」をモニターした約30人のアンケートで、実に80%の方が10日間ほどで効果を実感していますから、キャンペーンを利用して試してみる価値がありそうです。

注目の話題から

小保方さんの話題も減ってきましたが・・・

世界に衝撃を与えたSTAP細胞の発表です。
発表から10日あまりが過ぎて、小保方晴子さんの話題も減ってきましたが・・・・

小保方さんへの注目が下がるのとは逆に注目度があがってきたのが、京都大学・山中伸弥教授と山梨大学・若山照彦教授の注目度アップです。

海外では、ハーバード大学のバカンティ教授も注目度アップ。

小保方晴子さんの努力によって発見されたSTAP細胞ですけど、理化学研究所の前にハーバード大学に留学中に行なっていた研究が大切!!
研究者にも知名度と実績が大切??
ベテランの研究者と若い研究者を比較すれば、同じ研究内容でもベテランの方が信用されやすいのが現実!!

理化学研究所では、年功序列に関係なく研究を支援したのが、今回の発見に繋がった、と言う現実が軽視されているようです。

STAP細胞の発見で、小保方さんには各大学・研究機関からアプローチしてきそうです。
京都大学に移れば、教授待遇でしょうし・・・・ハーバード大学でも、教授待遇かも・・・・

STAP細胞の研究が進んで、人間への応用が可能になればノーベル賞は確実!!
iPS細胞の例を見れば、今年のノーベル賞候補になってもおかしくないかも・・・・

先進医療に関する研究は日本がリードしていても、実用化に関する研究はアメリカの方がやりやすい環境かもしれませんね。

STAP細胞に関する論文が掲載されたネイチャーも、一度は却下しています。
2014年1月30日に掲載されましたけど、最初に投稿したのは2012年の春です。
ハーバード大学ではSTAP細胞の存在を2年以上前から知っていたことになりますから、動物や人間への応用は今年中に発表される可能性もあります。

以前はSTAP細胞の研究への協力を拒否した研究者も、今後は協力体制をとるでしょうし・・・・

小保方晴子さんの研究とは別の話題ですけど・・・・
今年の大学入試は終わりましたけど、来年以降、大学理工学部、農学部への女性志願者の増加が期待できますね。

○○世代といいますけど・・・・小保方世代がブームになりそう・・・・
理工学部と言うと、男性が追いように思われがちです。
数的には男性が多いですけど、優秀さから言えば男女半々という感じです。
男性はピンからキリまでいますから、差がありますけど女性は差が少ないですし・・・

大学の理工系学部出身と言えば、タレントの菊川怜が有名ですね。
彼女は、東京大学・建築科!!
建築の場合、理工学部でありながら建築デザイン等は、芸術学部の側面もありますから女性が取り組みやすいものです。

今回のSTAP細胞の発見は、研究としての実績だけでなく、理工学系の女性の増加にもつながりそうです。

そうそう、小保方晴子さんが研究の時に来ている割烹着もブームの到来か・・・・

割烹着というと、和風というイメージが強いですけど、洋風のデザインもあります。
前面にボタンがないですから、作業しやすいですし、冬には暖かい(笑)



興信所

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。