特進ブログプロジェクトに参加したら良い事があるかも・・
特ダネ情報に注目!欲しい特ダネ情報紹介!

自動車・中古車・バイク

ガソリンが高い!!約束を守らない政治家たち!!

ガソリン価格が高留まりしています。
車を利用する人たちにとって、ガソリン価格の高騰は生活費に影響します。

電気代も高くなってガス代も高くなって・・・・追い討ちをかけるようにガソリン代も高い!!
消費税の増税分の値上がりなら、渋々でも受け入れなければならないけど・・・・

マイカーを持つという事は、贅沢品を持つという事で色々な税金がかかっています。
都市部で生活する人にとっては、車は贅沢品かもしれないですけど田舎の人にとっては、生活必需品!!

電車もなく路線バスは廃線が拡大していますから、移動するための交通手段はマイカーだけになってしまいます。
都市部では自転車という選択肢もあるでしょうけど・・・・田舎ではヤッパリ車社会!!

車がなければ移動できませんから、陸の孤島になってしまいます。

消費税とは別の観点から「ガソリン価格の高留まり」について考えます・

ガソリン価格の高騰の原因は・・・産油国である中東地域の戦闘・紛争が続いている事が上げられます。これは地政学的リスクですから、解決策が見当たらない・・・・
「世界の警察」を標榜するアメリカも、本気で解決を目指していないし・・・・国連も解決策を持っていないのが現実です。結果としては、中東の紛争については、当事者同士の解決にゆだねるしかないものです。

ガソリン価格の高騰の要因として挙げられるのが「円安ドル高」の為替レートです。
日本経済にとって「円安ドル高」は輸出企業にとってはメリットがあります。しかし、輸入起業にとってはデメリットだらけ!!!

原油の輸入価格が上昇すれば、ガソリン価格も上昇します。

ガソリン価格が上昇するのは、原料費の分だけです。
実際のガソリン価格は「ガソリン代」+「ガソリン税(暫定税率)」+「石油税」+「消費税」が含まれています。

ガソリン価格は地域によって違いがありますけど、1ℓ 170円 前後になっています。
税金分を計算すると・・・・ガソリン税+石油税+消費税=70円 程度ですね。

元のガソリン価格は 1ℓ 100円程度です。

ここで重要な事は・・・・「ガソリンの平均価格が、3ヶ月連続で 1ℓ 160円を超えた場合、ガソリン税(1?あたり25円)を撤廃する」というルールがあるということです。
逆のパターンとしては「ガソリンの平均価格が、3ヶ月連続で 1ℓ 130円より下がった場合、ガソリン税(1ℓあたり25円)を復活する」というルールがあります。

自民党政権ではなく、民主党政権下の際にガソリンの暫定税率でもめた時にできたルールです。

現状を見てみると・・・・今年(2014年)5月には、ガソリン価格は 1ℓ 160円を超えました。
現在(9月)においても、ガソリン価格は 1ℓ 160円を超えています。
5ヶ月連続で ガソリン価格は 1ℓ 160円以上になっています。

ガソリン価格に含まれる「ガソリン税」の運用ルールによれば、ガソリン税撤廃!!の条件を満たしています。
政府・官公庁にもメディアにも、ガソリン価格についての議論がされている様子がありませんね。
(私の知っている範囲では・・・・)

ガソリン価格が下がらないのは、政府・官公庁の怠慢?? ガソリン税の運用ルール違反!!

法律を作るのはいいけど、運用までは責任を持たないのが政治家と官僚の人たち。

政府の最高責任者は、安部総理大臣!!という事は、安部総理の怠慢?? 現実的には、安部総理だけの責任ではありませんけどね。
しかし、権限もあれば責任もあるのが政治家!!  何といっても、国民の前半から給料を貰っているんだから(正式には給料とは呼ばないですけど)

政府としても、ガソリン税を撤廃すれば税収も減るし、業者にとっても事務処理が増えるしメリットがない!!
しかし、利用者である国民にとってはメリットが大きいんですけど・・・・・「国民の為の政治」をしているんでしょう??

ガソリン価格について取り上げたい項目として「ガソリン価格の変動は、都市部よりも地方・田舎で影響が大きい」という事です。

そもそも、車もガソリンも趣味や嗜好品としてとらえられているから、付加価値税みたいに色々な税金がついています。

しかし、地方や田舎の生活においては、車やガソリンは生活必需品!!

高齢になったら車の運転は危険だから、免許返納!!と言われます。
車の運転をやめたいけど、生活に支障があるからリスクを覚悟の上で運転するのが現実です。

結果として、高齢者の車に関係する事故が増えているという現実があります。
高齢者でも車を運転しなければ生活できないという社会の背景を考えなければならないものです。

ガソリン代の話に戻して・・・・
ガソリン代が上がれば輸送コストも上がりますから、物価の上昇にもつながり生活費を圧迫します。

現に、電気代・ガス代は上がっているし、小麦製品(パンや粉製品など)や油を使用した製品も値上がりしています。
消費税アップだけに目が行きがちですけど、消費税よりも物価の字幼少のほうが大きいという現実があります。

人の税金から給料を貰っている国会議員や公務員には触れられたくない話題でしょうけど・・・・・

安部総理大臣だけではないですけど・・・・

選挙区は地方であっても、東京生まれ・東京育ちの国会議員には、地方の現状を理解する能力があるとは思えませんね。
地方遊説の際に、地方の現状を見ているといいつつも、行く先々で「おもてなし」を受けている状態では、本当の姿は見えないものです。
新聞・雑誌・テレビなどのメディアには、色々な情報が氾濫していますけど、編集して本当の部分が抜け落ちているケースも多いものです。

最後に・・・・
最近、地震だけでなく自然災害が多くなっています。

色々な防災グッズが氾濫していますけど、本当に必要なものは・・・・・コレッ!! 手回し充電ラジオです。
災害の時には停電するケースが多いですから、テレビ・電話を使えなくなります。

そんなときにはラジオ!!停電の際にはライトとしても使用できますし、携帯電話の充電もできます。
1台は準備しておきたいものです。


他にも食料品の備蓄も必要!!と言われますけど、1〜2日で救助される事を考えれば、あまり要らないかも・・・・
モチロン、ないよりもあったほうがいいけれど・・・・

充電式ラジオは、1番に役立ちます!!車が無事であれば、代用できますけど・・・・災害の時に車を利用できるとは限らないし・・・・

興信所

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。