特進ブログプロジェクトに参加したら良い事があるかも・・
特ダネ情報に注目!欲しい特ダネ情報紹介!

注目の話題から

アメリカは戦争したい!シリアを攻撃!但し、アメリカ軍からは犠牲者を出さない?

シリア攻撃を容認する意見がアメリカ議会で決議!!
色々な意見がありますけど、民主主義の多数決の原理からいえば、アメリカは戦争をしたい!と言うことですね。
-------------------------------------------------------
シリア攻撃>「最長90日」と明記…米上院外交委、決議へ----毎日新聞 9月4日(水)
米上院外交委員会は3日、オバマ大統領が求めていたシリアへの武力行使に対する承認について、戦闘行為に地上軍を投入しないことや軍事行動を最長90日と期限を設けることなどを盛り込んだ決議案をまとめた。
シリア内戦に巻き込まれることへの懸念を示す意見が同日の委員会で出たことを受け、同委幹部が修正した。決議案は、4日午後(日本時間5日未明)に採択される見通し。
大統領が示した決議案は「大統領が必要かつ適切と判断した際に米軍の使用を承認する」としていた。
しかし、修正案は、戦闘を目的にシリアの地上で米国の軍事力を行使することは認めないと明記。
攻撃期間は60日で終了し、議会の承認があれば30日の延長を1回だけできるとの制限を加えた。
-------------------------------------------------------
結局は、地中海の艦船からのミサイル攻撃になるのかな・・・・
しかし、最長90日と期間を限定していいのかな?

ミサイル攻撃だけで済めばいいですけど、シリアの報復攻撃に対しての対策も必要ですね。
シリアだって黙っているとは限らない・・・・イスラエルやトルコなどの隣接する国を含めた中東戦争につながりかねないし・・・・・

そもそも、化学兵器の存在は確認されているらしいですけど、アメリカが単独でミサイル攻撃をして良いと言う理屈にはならない!!
シリアの何処に攻撃するかも不明だし、攻撃によってシリアの民間人にも犠牲者が出るでしょうから、「正義の戦争」とはいえない、タダの殺人行為。

アメリカとしてでなく、国連決議によって国連軍として行なうのは、納得できる部分もありますけど・・・・

しかし、戦争によって民間人に犠牲がでる!と言うことを考えれば、正義の戦争悪の戦争も区別はないものです。
これによって、9.11みたいなテロが起きない保証はありませんから・・・・

いずれにしても、オバマ大統領もアメリカの国会議員も、戦争をしたいという結論ですね。
アメリカは戦争によって国土に被害を受けていないですから、戦争の悲惨さを認識できないのかもしれません。

シリアのアサド政権の要人や軍関係者を拉致して身柄を確保して国際裁判する事は、アメリカのCIAなどで可能かもしれませんけど・・・・
9.11テロのビン・ラディン容疑者を殺したように・・・・
いずれにしても、アメリカが戦争をすれば犠牲者が増えることになります。

アメリカにとって、アメリカ国民の命は重くても、シリア国民の命は軽いのかもしれませんね。

アメリカ議会で、シリア攻撃の決議が否決される事を願いたいものです。
日本がアメリカのシリア攻撃を支持すれば、シリアの報復が日本に及ぶ事も考えられます。
平和憲法で戦争放棄!!と言いつつも、アメリカの戦争を容認・支持することは、憲法の精神とも違うのではないでしょうか???



カウンター
受付嬢
長寿社会における介護に注目!!要介護にならない為に介護職員の本音です
ブログ広告ならブログ広告.com
検索
 

興信所
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。