特進ブログプロジェクトに参加したら良い事があるかも・・
特ダネ情報に注目!欲しい特ダネ情報紹介!

注目の話題から

「決められない政治」は日本からアメリカへ

国会議員は国民を無視!!
「決められない政治」は日本の政治と思っていたら、アメリカも同じ?

日本でも1年前は衆議院と参議院の多数派が違って、法律をはじめ色々な議案が通らなかったんですけど・・・・
今度はアメリカの2014会計年度(13年10月〜14年9月)の暫定予算案が、上院と下院で多数派が違う為に成立していません

結果的に、政府機関の一部閉鎖(シャットダウン)が始まっています。
国立公園・図書館・美術館などの公共施設の職員は出勤停止!!

公務員の給料が払われないのは理屈では正しいですけど、不便さや不利益を国民が受けるのは納得しがたい・・・・
「自由の女神」も観光停止!!観光名所のひとつですから、近隣には飲食店・みやげ物店なども商売にならない・・・・

そもそも、国民の税金で給料をもらっている国会議員が国民を困らせる!!
アメリカの話ですけど、日本の国会議員にも同じようなことが言えますね。

アメリカで「シャットダウン」が行なわれるのは17年ぶりらしいのですけど・・・・
契約優先社会のアメリカならでは???
国会議員の品位や資質を疑うような出来事です。

事の発端は「オバマケア」と言われるアメリカの医療保険制度改革です。
下院議会の多数派は「共和党」、上院議会の多数派は「民主党」です。
多数派が違うから意見が違うのは当然でけど・・・・しかし、国民にとって必要な法案であるかどうかを判断すべき。

そもそも、法案に反対する以前に議会を開催して審議しないと言う「審議拒否」の状態です。
審議しない国会議員は、仕事を放棄しているのと同じ!!
これこそ、国民の税金の無駄遣い。審議して反対するのなら、少しは納得いくけれど・・・・・

これと同じような光景は、日本の衆議院と参議院でもありますけど・・・・
草の根保守運動「ティーパーティー」(茶会)などが力を持って、国民が政治へ参加するアメリカですから、今回の予算不成立によるシャットダウンに対しては、国民が国会議員全員に対して「No!!」と言って立ち上がるべきです。

共和党・民主党という政党に対してではなく、審議拒否は「国会議員の怠慢行為」ですから、納税者として立ち上がるべきです。
審議できない期間は、国会議員の給料も差し止めすれば、事態が動き出すのでは????

いずれにしても、国民を無視しているアメリカ議会の議員たち!!
去年までは、日本が言われていた「決められない政治」は、今後はアメリカが言われそうです。

最悪の場合「デフォルト・米国債の債務不履行」になれば、世界の中心は中国になってしまいそう・・・・恐怖ですけど。
デフォルトにはならないでしょうけどね。世界の盟主を自負しているアメリカですからプライドを傷つけられる事には我慢ならないでしょうし・・・・

しかし、アメリカのやる事って、世界全体にとって役に立つ事は少ない。
だけど、強大な軍事力を背景に力ずくで物事を推し進めようとする姿勢は変わらないし。

カウンター
受付嬢
長寿社会における介護に注目!!要介護にならない為に介護職員の本音です
ブログ広告ならブログ広告.com
検索
 

興信所
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。