特進ブログプロジェクトに参加したら良い事があるかも・・
特ダネ情報に注目!欲しい特ダネ情報紹介!

注目の話題から

安保法案の本当の中身とは・・・・法案成立で喜ぶのは・・・・

安全保障関連法案」が参議院法制委員会で可決!!
後は、参議院本会議で可決すれば、法案が成立。と言いたいところですけど・・・・

法案成立を阻止したい野党は、総理大臣の不信任案や大臣の問責決議などで、時間稼ぎをしそうですけど・・・結局、自民党・公明党などのの多数決で成立するのは明らかです。

野党も結果がわかっているんだから、無駄な時間稼ぎをするのではなく、安保法案の議論を尽くす方策を考えて欲しいものです。
法案の採決の際にも、議長を取り囲んだ力づくの決議でした。国民から選ばれた国会議員が、議論ではなく暴力行為で結論を左右するのは如何なものでしょうか・・・

何十人かの国会議員が、ゴチャゴチャと争ったり、野次を飛ばしている時間にも、国民の税金が使われているんですから・・・・
多分、国会議員、秘書、関係公務員、衛視、電気代、空調代などを合計すると、1分につき2〜3万円くらいかかっているはずです(どの範囲を含めるかによって変わりますけど・・・・)
----------------------------------------------
メディアで取り上げられていない!!というよりも、安全保障という言葉に紛れ込んでいるのが、10月1日に「防衛装備庁」という組織ができる事です。(閣議決定されています)

概要は、1800人体制で発足し、「防衛装備品(簡単に言えば武器)」の研究開発、調達、輸出を一元的に管理して、効率化を図るという事です。
これだけいえば、コスト削減につながる??というイメージもありますが・・・・・
裏を返せば、武器輸出が可能になりますから、間接的に戦争に加担する事になりますが・・・
----------------------------------------------
ここで取り上げたいのは、「安全保障関連法案」の内容が国民に理解されているか??という事です。

「安全保障関連法案」の目的は・・・・

■ 日本近海だけでなく、世界中で活動するアメリカ軍の後方支援等ができる。

■ 中国が覇権を拡大しようとしている、南西諸島からフィリピン・ベトナムに続く第一列島線に対して、日米合同でけん制できる。
 
■ 武器輸出が可能になり、軍需産業の拡大につながる。

他にも色々とありますけど、メインはこのようなものでしょうか・・・・

日本国憲法第9条に掲げる「専守防衛」の目的で存在する自衛隊の定義も変わってきます。

そうそう、アメリカ軍の警護や後方支援だから「戦場ではなく安全」という事はありません。戦時国にとって、アメリカと日本の区別はつきませんから、攻撃の対象になります。
簡単に言えば、アメリカと一緒に戦争をするということですね。

現実の話として、日本近海以外の紛争国へ自衛隊を派遣する事は少ないといえますが、武器輸出をする事で間接的に戦争を支援することにもつながりますね。
自衛隊を派遣しないから、日本と関係ない戦争!と言いつつ日本製の武器を使用しているとしたら・・・・
日本製の銃や戦車・車輌が使われているケースは、完成品は少なくても部品レベルでは数多く存在します。

子どもを持つ女性が心配している「徴兵制」はありません。現在の戦争に使用される武器は、高性能になっていますから熟練者でなければ使用できないものです。
訓練を受けた自衛隊、その中でも選ばれた人でなければ使用できない武器もあります。
結論としては、徴兵制によって素人を訓練しても、戦争の現場では使えない!!よって徴兵制にしても意味がない。

隣国・韓国には徴兵制がありますけど、形式だけです。ただ、韓国は北朝鮮と戦争中(休戦中)ですから、緊張感の維持の為に必要ですね。
-------------------------------------------------
簡単に言えば、「安全保障関連法案」の為には「憲法の解釈変更」では対応できませんから、違法行為になります。

日本国憲法第9条を廃止するか??

「憲法9条」と「安全保障関連法案」は、両方とも同時に存在する事ができないものです。
それをできると言い張っているのが、安部総理であるし、自民党です(法案成立に協力している与党も含めます。)

国会議員だけでゴチャゴチャと論議して醜態をメディアにさらすよりも「国民投票を実施」して、国民に聞いたほうが正しい結論が出るのでは?????

法案に反対している野党にしても、憲法と法案の矛盾点を議論する事が大切です。
「何もかも反対」というだけでなく、対案を示して議論する事が大切です。
対案を示す事ができない野党も情けないし・・・・

しかし、軍需産業にとって「安全保障関連法案」の成立は喜ばしい限りですね。
三菱・東芝・日立・コマツなどの、一流企業も部品などのレベルでは、武器生産に関係しています。

今の戦争・未来の戦争といえば、ミサイル・戦闘機・妨害電波などが主流ですし、ドローンなどの無人飛行機を使用しますから、素人は参加資格無し!!徴兵制はありません。

個人的な意見としては・・・スイスみたいに「永世中立国」「専守防衛平和主義」をアピールして欲しいものです。
しかし、中国やロシアみたいに、理解しがたい国もありますから・・・・北朝鮮?これは・・・・命知らずのCIAの出番かな・・・・

カウンター
受付嬢
長寿社会における介護に注目!!要介護にならない為に介護職員の本音です
ブログ広告ならブログ広告.com
検索
 

興信所
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。