特進ブログプロジェクトに参加したら良い事があるかも・・
特ダネ情報に注目!欲しい特ダネ情報紹介!

株式・投資・債権・マネー

円高のメリットを生かすには海外投資です。まずは勉強する事から始まります

円高が続く今、投資対象は国内だけでなく海外にも目を向ける時代です。

海外の不動産投資などは、円高のメリットを最大に生かせる投資といえそうです。

海外投資を考える時には、まずは、情報収集と投資手法を勉強する事から入りたいものです。

海外の不動産投資で注目されているのが、ランドバンキングという手法です。

日本では聞きなれないランドバンキングという投資手法ですけど、これからはじめるランドバンキングのサイトで解説がありますから、参考にできます。

ランドバンキングの基本や最新のプロジェクト情報やお得なキャンペーン情報など、色々な情報が掲載されていますから、理解しやすいですね。

次々に出てくる販売プロジェクト情報も随時更新されますから、参考にできます。

円高にはデメリットもありますけど、海外投資においてはメリットとしてとらえる事もできるものです。

株式・投資・債権・マネー

円高の時には国内よりも海外投資!カナダは成長が見込めます

円高ドル安の時には、国内投資よりも海外の不動産投資のメリットが大きくなります。

海外投資先も様々ですけど、発展途上国は不安要素が大きいですから、避けたいものです。

不動産を取得して建物などの施設を建設して付加価値を上げて売却するという投資法が、ランドバンキングといわれる手法です。

建物などの施設を計画する上では、将来の需要予測・発展性なども考慮する必要がありますから、土地の場所なども絞られます。

TSI社の手がけるカナダのランドバンキングは諸条件を満足する土地ですから、売却時の付加価値も上がり、投資のリスクも減らせるものです。

先進国の中でも資源国であるカナダのランドバンキングには注目です。

グローバル経済において、資源国の経済は安定していますから、経済成長も望めます。

TSI社の手がけるカナダのランドバンキングは、低リスクの海外投資ともいえますし、円高であれば購入金額も安いというメリットがあります。

カナダにおけるランドバンキングを日本で取り扱っているのが、アメジスト香港です。

今なら販売キャンペーンとして、カナダトロント視察ツアーへの招待もありますから、現地を見ることもできます。

アメジスト香港というと、言葉の問題を心配する人もいるでしょうけど、全てにおいて日本語で対応できますから、行き違いなどのトラブルも減らせそうです。

株式・投資・債権・マネー

海外のFXトレードのほうが規制が少ないものです

個人投資家に人気のあるFXトレードです。国内のFXトレード会社については、レバレッジの規制等があり取引に制限を受けるものです。

規制の少ないFXトレードをするときに、海外のFX会社を利用する方法がありますけど、日本語ではなく英語が理解できなければ、取引ができないのが問題になります。

海外の会社でありながら、日本語でサポートしてくれるのがHSBC香港です。

香港の会社ですから、口座開設も香港に必要ですけど、英語がわからなくてもHSBC香港口座開設サポートを利用すれば、日本語でわかりやすく説明してもらえます。

サポート費用として15,000円かかりますが、HSBC香港の口座を活用する為に必要な日本語マニュアル等の、豪華特典がありますから実質無料サービスみたいなものですね。

諸条件によって、口座開設できなかった場合には、全額返金保証がありますから、安心できます。

国内のFX会社に不満を感じたら、海外のFX会社も検討したいものですね。

株式・投資・債権・マネー

円高の時には海外投資のメリットが大きくなります

記録的な円高水準がつついています。

資産運用を考える時に、円高であれば投資対象として海外に目を向けるほうがメリットが大きいものです。

海外投資の場合、説明等が英語で行なわれると理解しにくいものですけど、日本語でサポートしてくれるなら投資対象として理解しやすいものです。

海外への投資を日本語でサポートしてくれる無料セミナーを行なっているのが、アメジスト香港です。

海外への不動産投資等を行なっているファンドが数多くありますし、円高ですから安く購入できるのもメリットです。

更には、色々なお客様特典もありますから、退職金等の資産運用を考えている人にとっては朗報です。

投資信託などを購入する際には、手数料等がかかりますけど、アメジスト香港の場合は、ファンドの手数料以外にかかりませんから、投資金額を有利な条件で運用できるのも嬉しいものです。

今までは、富裕層の特権のように思われていた海外投資ですけど、日本語サポートもありますし、中間の手数料も不要ですから、投資対象として考えやすくなっています。

海外投資には不安があるという人は多いですけど、セミナー参加は無料ですから安心できそうです。

株式・投資・債権・マネー

リスクの少ない資産運用なら投資信託も選択肢の一つです

景気低迷の中、資産運用を考える時に、銀行預金も目減りしてしまいます。

景気低迷している中でも、税率のアップや物価の上昇は続いていますから、低リスクで資産運用したいものです。

多額の投資はできないけど、低リスクで投資したいと言う投資家の方へ資産運用についてはこちらです。

少ない資金を数多くの人から集めて大きな金額にまとめて、ファンドマネージャーが運用すると言う、投資信託にはメリットが大きいものです。

自分で投資先を探さなくてもいいですし、分散投資でリス紀低減も図れます。

資産運用は自分で考える時代ですから、投資信託も選択肢の一つになりそうです。

株式・投資・債権・マネー

FX自動売買も世代交代です。

為替取引を行なうFXトレードには、色々な手法があります。

24時間動いている為替相場に投資するには、自動売買システムを利用する人が多くいます。

自動売買システムを利用していても、リスク回避ができるかどうかはシステムによって様々です。

リスクを減らした次世代FX自動売買サービスCurrenseeです。

為替取引において、リスクの程度の差に大きく影響するのは、トレーダーの能力です。

Currenseeの細かいチェックをクリアーした厳選されたトレーダーによる運用は、的確な売買シグナルによって、リスク管理ができます。

大手FX会社の口座を利用できますから、信用度も高いですし、選ばれたトレーダーの売買シグナルを得られるメリットは大きいですね。

現在でも、FXの自動売買システムは、数多くありますけど信頼度を高めたCurrenseeのFX自動売買サービスは次世代のシステムと言えそうです。

的確なデータ分析などによって投資すれば、リスク低減に繋がるものです。

株式・投資・債権・マネー

日本の不動産投資とは違う魅力のランドバンキングです

日本では知名度が低い不動産投資がランドバンキングです。

日本の投資会社では販売していませんから、投資窓口になるのはアメジスト香港という会社です。

ランドバンキングは不動産投資の一種ですけど、アパート経営やマンション投資とは違った視点から考えられた投資手法です。

国土が狭く平地が少ない日本では案件が無いですけど、アメリカ・カナダをはじめ広大な土地がある地域に向けた海外投資商品です。

広大な土地を買収するために小口の資金を集め、投資会社が土地の活用法をプランニングする事により、土地の価値を高めて売却すれば、投資金額も土地の価値の上昇に伴って増えると言う考え方です。

最大の魅力は景気に左右されにくい事ですね。ただ、投資会社の企画力が問われますから、投資先を選ぶのは慎重にしたいものです。

投資金額は、1口1万米ドルまたは1万カナダドルと高めですけど、円高の現在は割安感があるものです。

日本の窓口になっているアメジスト香港では、キャンペーンを行なっていますから、将来に向けた投資を考えている人にとってはチャンスですね。

海外の会社が販売している商品ですけど、日本語サポートもありますし、完全無料のサービスや各種特典やキャンペーンも充実していますから、投資先を海外に広げるチャンスかもしれません。

株式・投資・債権・マネー

日本円で取引できる海外FXトレードです

為替変動が大きい時に、資産運用の手段としてFXトレードがあります。

FXはハイリスクハイリターンの商品ですから、慎重な運用が必要ですけど資産倍増することも可能な商品です。

FXトレードは、ドルやユーロを中心に取引が行なわれてますから、日本円ではわかりにくい部分があります。

アジア向けのプラットフォームを元に取引すれば、わかり易くなります。

アジア向けのプラットフォームを提供している海外FXがInfinity Space Inc,です。

日本円で取引をすることができるので、はじめての方でも安心して取引できるようになっているのが特徴です。

Infinity Space Inc,は、日本円で取引可能な海外FXですから初めての人にもわかりやすいですね。

FX取引におけるレバレッジも最大500倍までと種類があり低いスプレッドも魅力的です。

各人の取引スタイルに合わせた取引ができそうです。

更には、携帯電話やAndroid等にも対応していますから、忙しい時や外出先でも取引ができるのも嬉しいものです。


株式・投資・債権・マネー

FXトレード!難しい部分は任せちゃおう!

FXトレードは、レバレッジ次第では、大きな利益を出す事もあれば、大きな損失に繋がる事もあります。

為替は、24時間、変動していますからパソコンで状況を管理するのも大変です。

トレードの条件を設定しておけば、自動的に取引を行なうシステムトレードは便利なツールですが、経済指標などの専門知識も必要ですし、海外投資家の動きにも注意が必要です。

FX取引の難しい部分を、プロが独自に開発・厳選したEAを(エキスパート・アドバイザー)使いながら運用することができるのが、FX自動売買マネジメントサービスです。

投資金額などの諸条件は、一人ひとり違いますから、システムトレードのプログラムも、投資スタイルにあったものを選ぶ必要があります。プログラムの選別も、個人では難しいですから、任せることができるのもメリットですね。

更には、自分のパソコンで為替の動きを監視していなくても、運営スタッフにお任せ状態!

手数料も固定型ですから、為替の動き次第では高利回りの投資になる可能性も期待できるものです。

過去数年間に渡って、安定的に月利2〜5%程度を達成していると言う実績を信頼すれば、長期安定運用が期待できます。

FXトレードのシステムトレードについては、海外FXお役立ちガイドが役に立ちそうです。

自分のパソコン上で作動するプログラムではないですから、災害等の際にも安定した運用環境が保たれるのもメリットと言えそうです。

運用状況は、携帯電話やiPhoneで、24時間取引状況を確認できますから、外出先などで、気になった時には確認したいものですね。

株式・投資・債権・マネー

都市総研インベストバンクの投資ファンド「みんなで大家さん6号」に注目です

資産運用は、自己責任で行なう時代になってきました。銀行預金の金利も低いし、物価上昇中だし、資産の目減りは、将来の生活設計に影響します。

低金利時代に利回り6%が受け取れる資産運用商品が、都市総研インベストバンクの元本保全型不動産ファンド「みんなで大家さん6号」です。

不動産特定共同事業法による投資ファンドは、審査も厳しいし、投資商品としては信頼度の高い商品といえますね。

更には、「みんなで大家さん」シリーズは、数多く出ていますけど、今まで、一度も元本割れを起こしていない実績の商品ですから、安心できそうです。

不動産投資といえば「アパート経営」「マンション経営」等、不動産を所有して家賃収入を得るという形式が多いですけど、「みんなで大家さん」は、不動産を所有せずに、賃料収入だけを受け取れる仕組みです。

初期の投資金額や、家賃収入の安定に対するリスクが軽減されている不動産ファンドといえます。

資産運用には、リスクが付き物です。リスクを減らして、想定利回り6%で、資産運用できれば、将来設計にも役立ちそうです。

株式・投資・債権・マネー

銀行預金の金利は期待できない!資産運用方法は??

景気低迷で 銀行預金の金利は期待できないですね。

しかし 金融商品・不動産などに投資する場合は リスクが付き物だから 不安もあります。

銀行預金は ローリスクだけどローリターンだし 他の投資商品は ハイリスク・ハイリターンですから 迷ってしまいますね。

そんな中 注目したいのが 不動産特定共同事業法による想定利回り6%の元本保全型不動産ファンドみんなで大家さんです。

みんなで大家さんは 不動産の安定した家賃収入だから実現できた資産運用商品です。

銀行預金に比較すると 高利回りの商品であるみんなで大家さんについて 検討する際に参考にしたいのが 購入者の口コミですね。

実際 購入者の評判を見て判断するのが一番かも・・・・一方的なPRだけでなく 販売者・購入者の両方の意見を 見て検討すれば 判断材料になりますし 自分の投資スタイルにあっているかどうかの検討材料にもなるものです。

投資である以上 リスクゼロではないけれど 他の不動産投資に比較すれば ローリスク・ハイリターンが期待できそうな みんなで大家さんという 資産運用商品です。

株式・投資・債権・マネー

SANKYO の毒島会長はパチンコ・パチスロのトップランナー!

身近な娯楽といえば パチンコ・パチスロですね。

パチンコ・パチスロ業界で 数々のアイデアで 新機種を出して 業界のトップランナーの位置を走っているのが SANKYOです。

「パチンコで、いい笑顔。」というキャッチフレーズの元に パチンコはイメージチェンジされ 身近な娯楽になりました。

創業者であり 業界を牽引しているのが SANKYO 毒島会長です。

マイナーなイメージのパチンコ・パチスロを アニメなどとのコラボにより エンターテインメント性を高めたのが SANKYO 毒島会長の功績ともいえます。

SANKYOの株式は 東証1部にも上場していますし パチンコ・パチスロを 大衆の娯楽産業として 確立したのも SANKYO 毒島会長の影響力は大きいですね。株式への投資家も SANKYOを評価している証ともいえます。

SANKYOの製品は 発想力と独創力の豊かさが 魅力向上の一因ともいえますし 着眼点の鋭さが トップランナーの位置を築き上げたともいえます。

日本文化の大衆娯楽エンターテインメントとして アニメブームに伴って グローバル化していくクールジャパンの1つかもしれません。

株式・投資・債権・マネー

都市綜研インベストファンド株式会社の みんなで大家さん

景気後退している時に 投資するのは難しい・・

低金利の時代だから 銀行預金気の金利は低いし 投資商品の運用利回りも期待しにくいですね。

更には 投資しても 元本割れのリスクも覚悟しなければなりませんね。

そんな時に 注目したい投資が 都市綜研インベストファンド株式会社の 想定利回り6%の元本保全型不動産ファンド「みんなで大家さん4号」です。

今の情勢で 6%の利回りを謳う商品は 怪しい??

厳しい状況にある不動産業界ですから  都市綜研インベストバンク 倒産!!というニュースが出てきてもおかしくないし・・・

結果として みんなで大家さん 詐欺になってしまうかも・・・・・

不安が付きまとう不動産投資ですけど 「みんなで大家さん」は 今まで 元本われを起こしていないし 契約済みのテナントからの賃料を分配する形ですから 不動産投資商品の中では リスクが少ない商品ですね。

都市綜研インベストバンクは 資本金・人的構成など 厳しい不動産特定共同事業の許可を取っていますから 安心できますね。

「みんなで大家さん」は 不動産を所有せずに賃料収入だけを受け取れる仕組みですから 不動産投資の中でも 手軽に始められる低リスクの商品といえますね。

株式・投資・債権・マネー

先物取引!将来の価格の予想ですね。

商品先物取引は 商品の価格の変化を予測するものですね。

景気動向・天候の状態など 色々な要素で 品物の価格は変動します。 将来に受け取る品物の価格を 予約する事から始まった先物取引です。

元々は 関係業界で行なわれていた先物取引は 投資対象になってきました。

原油価格・農産物価格・鉱工業品価格など 様々な先物価格取引が行なわれています。

商品先物取引に関する証券会社を比較するサイトが「先物取引.jp」です。

投資である以上 リスクは付き物ですから 色々な条件を比較検討して始めたいものですね。

このサイトには 日本の株式相場の指標となる「日経225」に関する情報もあります。

株式全体の動きを予想するのが 日経225ともいえます。個別の会社の株価の予想は 専門的な情報が必要だけど 株式相場全体の動きは 景気動向・為替動向などをチェックする事によって 予測できますから 株式の動向よりも 取り組みやすいですね。

株式・投資・債権・マネー

資産運用もグローバルに対応する事が必要ですね

資産運用は自己責任の時代ですね。確定拠出型年金は 運用も個人責任です。

投資する以上 高利回りを期待したいものです。

投資商品には 株・為替・不動産など 色々な投資商品がありますけど 世界には 数多くの投資商品があります。

日本国内で投資するよりも 高利回りが期待できるのが 海外投資です。

しかし 海外投資商品には 不安がある!! 日本の投資商品と違った方式もあります。

そんな海外投資初心者のためには「海外投資お役立ちガイド」があります。

海外投資を始めようという方への基礎情報が充実していますし 商品購入を検討する上での重要ポイントも解りますね。

更には 海外投資で困った事があれば 無料相談する事が出来ますから 初心者には安心できます。

資産運用は 国内だけでなく世界に目を向ければ 好条件の運用商品が見つかりそうです。

株式・投資・債権・マネー

年金運用も個人責任の時代ですね。投資対象に求めるものは???

景気後退して 将来に不安が付きまとう時代です。

企業年金なども 確定拠出型個人年金であれば 資金の運用は個人責任になります。

不景気・倒産など 不確定要素が多い中 自分の資産は 安全・確実に運用したいものです。

資産運用は 運用利回りも大事だけど 元本割れをしない事!!

そんな中 想定利回り6%が受け取れる資産運用商品が 柳瀬公孝が代表を務める 都市綜研インベストバンクの「みんなで大家さんシリーズ」です。

今まで 一度も元本割れを起こしていないという運用実績に注目ですね。

不動産特定共同事業法による元本保全型不動産ファンド「みんなで大家さん4号」は 不動産の安定した家賃収入だから実現できた負けない資産運用商品といえます。

不動産投資に注目が集まっていますけど 自分で不動産を所有するリスクも生じるものです。

「みんなで大家さん4号」は 面倒な不動産を所有せずに賃料収入だけを受け取れる仕組みです。

確定拠出型個人年金などの運用は 個人責任ですから リスクゼロにするなら 定期預金しかない!! しかし 物価上昇があれば 資産価値は 実質 目減りしてしまいます。

そんな時に 安全性の高い元本保全型不動産ファンドでの 資産運用も選択肢の一つになりそうです。

株式・投資・債権・マネー

中国・人民元の切り上げ!日本買いが加速する予感ですね

中国の通貨・人民元の切上げを発表!!

日本にどのような影響があるのか??

中国製品・農産物の輸入価格が上昇する!! 

中国野菜も上昇するし 衣料品も上昇するし・・・

中国で日本企業が生産する農産物の輸入価格が上昇しますね。

ユニクロに代表される 衣料品も 大部分が中国で製造しているし 価格上昇は避けられないでしょう。

身近なところでは 100円均一の 100金ショップの品物の大部分は 中国で製造しているし・・・・

生産拠点を中国に持っている日本企業にとって 人民元の切上げは 嬉しくない・・・・

アメリカ企業にも 同様のことが言えますね。 Appleの iPadなんかは 中国で製造しているから 価格上昇は確実ですね。

中国の人民元の切り上げで アメリカや日本の 経済閣僚が喜んでいるようですけど・・・・

日本企業・アメリカ企業・欧州企業が 中国で製造しているものの 輸出価格が上昇する事は メリットが少ない(殆ど メリットなし)

人民元が上昇して 円が一定なら 中国による日本企業の買収やM&Aが加速しそうです。

人民元が上昇して ドル安になれば 中国によるアメリカ企業の買収やM&Aが加速しそうです。

日本企業で 中国が興味を示しそうな企業は 色々な分野に存在します。

企業価値に対して 株価が低迷している日本企業は 中国企業の買収・M&Aの対象になりそうです。

ベスト電器・井関農機・ダントーホールディングス・メルシャンワインetc・・・・ 

ベスト電器は 中東に進出しているから 中東・アフリカ進出を狙う 中国企業にとっては 絶好のターゲットかも・・・・(ヤマダ電機・コジマは 日本国内中心だし メリットが少ないし)

井関農機は 中国にとって 農業の近代化にとって 欠かせない企業かも(クボタ・ヤンマーも欲しいだろうけど・・・)

ダントーホールディングス(ダントータイル)は 建築ラッシュの進行中の中国にとっては 魅力的!! 

株式・投資・債権・マネー

株・FXトレードは手数料の低さが決め手かな?ネット証券が魅力的!

資産運用は銀行預金よりも投資!

投資にはリスクが付き物ですね。 資産運用の目的は 利益を上げる事ですけど それ以上に大切な事は 損を出さない事!

投資対象としては 株式投資・FXトレード・不動産投資・投資信託など 色々とありますね。

投資で注目したいのが 手数料です。

手数料が高ければ 利益が出にくい!!

証券会社にも 街で見かける証券会社もあれば ネット証券もあります。

ネット証券のメリットは 手数料の安さ!!

株取引を開始する投資 口座なら 手数料の安いネット証券 口座開設のほうが メリットが大きいですね。

ネット証券にも色々とありますし 得意・不得意があるようです。

投資目的に合わせて ネット証券 口コミも 参考にしたいものです。

ネット証券のホームページで 会社のPRだけでなく 利用者の口コミのほうが 評判がわかりやすいですし 参考にしやすいですね。

株取引にメリットがあるネット証券・先物システムトレードにメリットがあるネット証券など ネット証券にも 違いが有ります。

株取引・FXトレード・先物取引・投資信託など 複数の取引をするなら楽天証券 口座が便利そうですね。

ネット証券も比較して 自分の投資スタイルにあった証券会社を選ぶ事が 資産運用には必要です。

株式・投資・債権・マネー

資産運用には FX入門で 基礎知識を習得

将来の年金不安は確実にやってくる?

自分の資産は 自分で資産運用する時代になりつつありますね。

銀行の定期預金は安全確実だけど 低金利の今は 物価上昇には追いつかない! 預金が目減りしてしまうという現実があります。

資産運用するには 勉強する事から始める事が大切!!

資産運用の種類として 株式投資・不動産投資・為替取引・商品先物取引など 様々の投資があります。

奨学の資金で投資が出来るのが 為替取引(FXトレード)ですね。

レバレッジで 現金の数倍の取引が出来るのが魅力的!!

しかし 数倍の取引ができるという事は 数倍の利益が出る事もあれば 数倍の損失が出る事もあるという ハイリスクであるという事ですね。

ハイリスクを避けるためには 勉強してリスクをヘッジする事が大切!!

為替取引を考えるなら FX入門講座などで 為替に関する知識を勉強する事が大切ですね。

タグ:FX 資産運用

株式・投資・債権・マネー

株式の配当金は必要?不要?配当金は株主に対するお礼じゃない

3月決算の 配当金・株主優待の権利落ち日が来ました。

株式売買の キャピタルゲインが目的なら 配当金にも株主優待にも 興味は無いでしょうけど・・・・

株式投資とは 株式を持つことによって 会社に投資するのが目的!

会社にとっては 会社の資金は 株主がいなければ集まらない!

経団連の会頭や 東証の社長は 株主配当はいらない!と言っていましたけど・・・・

株主のお金で 会社を経営して 利益を上げているんだから 株主にお礼をするのは 当たり前!!

銀行から融資を受ければ 金利がかかるのと同じように 株主に 配当金を払うのは当たり前!!

そんな中 株主優待で 自社商品を配ったり 配当金以外でも 色々なサービスがあります。

株主優待は 日本独特の習慣ですけど・・・

株主に配当金を出したり 自社商品を配れば 株式を持ち続けて安定株主を作ることにも繋がるんですけど・・・・

自社商品を配ることによって 商品のPRにもなるし・・・・

自社商品のPRを兼ねると共に 周りの人に口コミしてくれたら 販促にも繋がります。

株式投資の キャピタルゲイン目的の株主だけとは 限らないのです。

株式の配当金よりも 株主優待でもらえる商品やサービスのほうが いいものだったりしますし・・・・

逆に言えば 配当金の無い会社って 株主軽視!

株式会社の 根本的な理屈を 解っていない様な会社って 多いものです。

銀行融資の代わりに 株を発行しているんですから。

株式・投資・債権・マネー

急な出費には どうしますか?クレジットカードが現金になります。知っておきたい裏技ですね

急な出費・急に現金が必要になることもありますね。

お金に余裕があればいいけれど・・・お金を貸してくれる人がいいけれど・・・

お金って不思議なもので 自分がお金を借りたい時には みんながお金に苦労しているときなんですね。

急に現金が必要になったときには サラ金を利用??

しかし 消費者金融のカードなどを持っていればいいけど 高金利のサラ金は 利用したくない!

そんな時に 手持ちのクレジットカードの ショッピング枠 現金化という方法があります。

要は クレジットカード 現金化ということですね。

クレジットカードの現金化は 以前から裏技として知られていましたけど 還元率が様々だし 即日 現金化できるところばかりじゃないし 利用しにくいものでした。

クレジットカードについている ショッピング枠って 上手く利用すれば 現金代わりにもなりますから 利用しないてはないですね。

数あるクレジットカードですけど カードの機能は 色々あるけど 十分に使いこなせていないのが現実です。

代金後払いカード!!とばかり考えずに 緊急の場合は ショッピング枠を現金化して 上手く利用すれば カードの達人(笑)になれそうです。

株式・投資・債権・マネー

資産運用にCFDを利用してみるのも選択肢の一つです

年金不安などの 将来のためには 個人の資産は自分で守る!

資産運用には 株式投資・不動産投資・FXトレード・商品先物取引・投資信託・外貨預金など 色々とありますけど 自分の投資スタイルを考えて 資産運用することが大切ですね。

投資は バクチではない!!

ハイリスクハイリターンもローリスクローリターンも 個人の考えたか次第です。

ローリスクは 不動産投資でしょうし ハイリスクは 高倍率のレバレッジを持つ FX投資でしょう。

資産運用するには 国内だけでなく 海外の投資対象は 口座開設などの手続きが面倒でした。

中国株・ベトナム株などが 一時期 話題になりましたけど 口座開設も 当事国に設けなければ 投資できないというデメリットがありました。

口座開設などのデメリットを解消して 1つの口座で 世界の投資対象に 投資するのが CFD です。

聞きなれない言葉ですけど CFDとは?・・・

FXトレードは 為替を取引しますけど CFDは 株式・債券・指数などを 取引する差金取引です。

現物の受け渡しをせずに「売値と買値の差額分だけを現金で決済する証拠金取引」がCFDです。

FXトレードと 同様にレバレッジは 最大20倍!!

FXトレードの レバレッジには 数百倍と倍率までありますけど リスクを考えると 怖いものがありますね。

新しい 資産運用として 注目を集めそうな CFD!!

So-netのポータルサイトに So-net CFDが入っています。

まずは So-netのポータルサイトで CFDの内容を検討して 自分の投資スタイルに 合っているかどうかから はじめてみたらいかがでしょうか。

株式・投資・債権・マネー

ボーナスの行方は?住宅ローンもあるし・・

夏のボーナスの季節がきます。

会社の業績により 支給される金額が増減するボーナスですけど 今回のボーナスは 厳しそうです。

住宅ローンも ボーナスからの支払いがあるし・・・・

株価が上昇しているといっても ボーナスが上昇しているわけじゃないし(笑)

今回のボーナスで欲しいモノは 色々とありますけど 多分 近場に家族旅行になりそうです。

家族旅行も 高速料金が 1,000円均一になったのはいいけれど ガソリン代は上がりそうだし・・・・イヤイヤ 大変です。

ボーナスの話とは関係なさそうですけど 資産運用も 考えておきたいものです。

資産運用といえば 株式投資・投資信託・FXなど 色々とありますけど リスクが付き物ですね。

投資にリスクは付き物と言いつつも リスクを減らす方法を考えたいものです。

最近話題の FXのトレーディングツールを 利用して リスクを減らして くりっく365で 資産運用!!

上手くすれば ボーラスを増やせるかも・・・・

ただし 増やすも減らすも 自分次第ですけど・・・

夏のボーナスも 自由に使える金額は ささやかなものですけど 有意義に使いたいものですね。

株式・投資・債権・マネー

株価は上がって生活は苦しくなる・・・株価は経済の指標じゃない!

株価上昇が 連日続いています。

株価だけでなく 原油価格も上昇中

日経平均(日経225)は 3月の7,000円台から 1万円台に突入しました。

3月から比較すると 40%以上の 値上がりになっています。

株価が上がると 景気回復するのでしょうか?

株式相場の変動と 実際の景気動向は 今は 無関係!

株式上場している企業は 今年から 経費削減・人員削減が 本格化します。

人員削減(リストラ)が本格化すると 失業者が増加する!

失業率はアップし 有効求人倍率は低下する・・・・

失業者が増えて 景気が良くなる事は 考えられないですけど・・・・

株価の上昇と共に 原油価格も上昇中!という事は・・・・ガソリン価格は 再び 高くなってきています。

原油価格が上がると ガソリンだけでなく 穀物価格も上昇します。

農業でも 機械の燃料費が上がるし・・・・輸送費も上がるし・・・

結局は 消費者価格が上昇するという事ですね。消費者価格を上げなければ スーパーなどの小売店が 倒産・廃業するし 価格を上げれば 買い控えするようになるし・・・・

今回の 株価上昇は まったく喜べない状況ですね。

株価上昇の 大きな要因は 外国人投資家の 日本株買い!

景気に影響を及ぼす 住宅産業の ダイワハウスセキスイハウスなどの 株価は 軒並み 上昇しています。

住宅業界は 自動車産業と並んで 従事者が多い業界です。

ダイワハウスセキスイハウスも 売れ残った建売住宅や 売れない土地を抱えています。

ハウスメーカーにとっては 不良在庫の山!の状態・・・

不良在庫が多くなると 会社経営には マイナス要因!

株価が 企業の内容を正しく反映するならば ハウスメーカーの株価は 軒並み ダウンしているはずですけど・・・

他の住宅メーカーも 同じようなものでしょう。

現在の株式相場は 外国人投資家の マネーゲームに 踊らされている状態ですね。

株式相場の上昇と 原油などの商品取引相場の上昇は 収入が減った人にとっては ダブルパンチ!

今は 物価上昇は 話題になっていませんけど 数ヶ月先には ガソリン価格の上昇が 大きな話題になっていそうです。

失業者(失業率)の増加は 今までは 派遣社員・パートタイマーが 中心でしたけど これからは 正社員の失業が話題になりそうです。

原油価格が上昇して 商品・穀物などが上昇するならば 株価の上昇は 喜べない状況です。

株価が 経済状況を反映した上昇であれば 歓迎したいものですけど・・・

株式・投資・債権・マネー

投資して資産を守るならFX投資!手数料やサービス内容は微妙に違うものです

景気後退していく日本経済!!

自分の資産は自分で守るという考え方が増えてきました。

銀行預金では 金利はスズメの涙程度だし 物価が上がれば 実質 目減りしてしまいます。

投資して 資産を減らさないようにしたい!!

投資対象は色々とあります。

株式投資・不動産投資・投資信託・FX(為替取引)等 様々です。

さらには 商品先物取引なども 投資といえそうです。

今 人気の投資がFX(為替取引)投資です。

海外の通過を組み合わせて 売買して 差益を確保するという 通貨の取引!!

FX取引を扱っている 業者は 星の数ほどあります。

FX業者には 大手企業もあれば中小零細企業もありますから 手数料やサービス内容も様々です。

パソコンをはじめ テレビでFX投資のCMを流している会社もあります。

各会社によって サービス内容・取引条件は 微妙に違うものです。

サービス内容の比較をして FX取引を利用する会社を決めたいものです。

FX取り扱い業者としては 上田ハーローマネーパートナーズエフエックス・オンライン・ジャパン外為どっとコムサイバーエージェントFXなど あげれば キリがないくらい・・・

投資に慣れた人もいれば 新たに投資を始めようという人もいます。

利益を大きく確保しようとする人もいれば 損を出さない!ことを前提にする人もいます。

FX取り扱いの業者との相性もありそうです。

証拠金・最低金額・レバレッジ・スワップ等 各業者間で 微妙に違いますから 自分の投資スタイルに合わせて 比較検討したいものですね。

株式・投資・債権・マネー

お金も生き物?無駄な手数料は節約!チリも積もれば・・・・

景気後退で収入は減っていくけど 生活費は減らせない・・・

銀行預金の金利は ほとんど無いに等しい・・・

ATMで お金を引き出せば 時間外なら手数料がかかってしまいます。

自分のお金を引き出すのに 手数料を支払ったら 実質的に 預金減らしの状態になっています。

不況の時こそ 節約方法を考えて お金を減らさないことが大切!!

節約効果が出てくれば お金もたまってきそうです。

こんな時こそ 銀行の積み立て定期預金で 自動的に貯金がたまるようにしたいものですね。

自動で積み立てていけば いつの間にか まとまった資金になりそうです。

円高の状態の今は 外貨預金にも注目したいものです。

外国の銀行の方が 預金金利も高いし 円安になれば 預金金利+為替差益も期待できそう・・・

色々な銀行がありますけど シティバンクeセービングに 注目です!

シティバンク銀行の円定期預金キャンペーン期間中にeセービング口座を新規開設して 100万円以上の円定期預金[預入期間1年]を契約すると 初回満期日までお得な優遇金利が適用されるというもの! 
優遇金利も魅力だけど 最大の魅力は 月間平均総取引残高が100万円相当額以上だと ゆうちょ銀行、セブン銀行と都市銀行・地方銀行で24時間365日CD/ATMからの引出し手数料が一月あたり100回まで無料!!

一ヶ月に 100回も ATMを利用することはないでしょうけど・・・

ATMの利用手数料って 銀行によって違いますけど 無料に越したことはないもの。

銀行も 色々なサービス内容を比較して 利用したいものですね。

株式・投資・債権・マネー

医療に投資すれば低リスクの投資と言えそうです

将来の年金不安・景気後退による収入減などを考えると 資産運用が重要になってきます。

銀行金利の低下は 物価上昇を考えると 資産の目減りに繋がります。

しかし 投資して資産運用するにも リスクが付き物!

低リスクで資産運用するには 環境分野への投資や医療分野への投資など 景気に左右されにくい分野への投資による資産運用が必要です。

医療分野への投資のメリットは 人の病気は 景気と関係なく発生する!という メリットです。

不景気だから病気が減る事は考えられない。

不景気になるほど 精神疾患などの発生も増大傾向になります。

日本では馴染みが薄い 医療分野への投資の1つが MARS投資というものです。

医療制度は 各国で違いますから 日本とは感覚が違う「診療報酬請求の権利(MARS)」を扱った投資商品です。

医療機関からMARSを買取して 保険会社へMARSを請求するという仕組みは アメリカならではの保険診療の仕組みといえます。

MRIインターナショナルが 病院の診療報酬(債券)を安価で買取し 保険会社へ正規に請求した差額が 運用利益になるから 景気に関係なく 運用できそうな投資です。

株式投資・為替投資(FX投資)・不動産投資・投資信託など 投資先は色々とありますけど 医療など生活に必要な物は リスクの発生も 低リスク=安全 といえそうです。

アメリカの医療分野への投資で気になるのが 為替差益です。

円高ドル安の時は アメリカへの投資も有利ですけど 逆のケースも考えられます。

また サブプライムローンなどの 証券化商品を生み出して 世界中に景気後退をもたらしたアメリカ発の金融商品は 信頼が低くなっています。

しかし 投資対象が 医療という日常生活に必要な物であると考えると 実績を検討すれば 低リスクの投資対象になりそうです。

資産運用のための投資は 個人の責任になりつつある現在 リスク次第では 投資対象の商品は 存在するものと言えそうです。

MARS投資の 大元にある人間の健康を考えると 破綻の心配のない安全な投資対象と考えられるのでは ないでしょうか?

株式・投資・債権・マネー

資産運用は資産を増やすよりも資産を減らさない事が大切なことです

自分の資産は自分で守る時代です。

銀行の預金利率も低いし 物価は高止まりの状態であることを考えると 資産は目減りしてしまいます。

資産運用の手段は色々とあるけれど 高額な資金が必要なものが多いのも 現実です。

小額の資金で 投資したい!!

株式取引は 企業の内容によって 上下するけど 企業の内容は 専門家でなければ わからないものです。

1つの企業の業績だけでなく 全体の景気動向などを 反映しているのが 日経225といえます。

倍率1000倍の日経225と 倍率は100倍と低いけれど 1/10の資金で 投資できる 日経225ミニ!!

株式市場全体の動向を反映するだけに 景気動向が如実に 反映されます。

小額の資金ではじめるなら 日経225ミニからはじめるのがいいかもしれませんね。

投資先として ガソリン・大豆・小豆・貴金属などの 値段を予想するのが 商品先物取引です。

日本だけでなく 世界的な商品の動向を 投資の対象にしているものです。

世界的に不況になれば 商品価格は下落するし 政情不安になれば 貴金属などの 安定した貴金属に投資が集まり 価格上昇が始まります。

自分の資産を増やすというよりも 資産を減らさないという 守りの投資も必要な時代になっています。

株式取引よりも 小額の資金からはじめることができる資産運用が 先物取引と 言えそうです。



株式・投資・債権・マネー

不況に負けない?一攫千金は夢?現実?

お金持ちには 興味ない話だけれど・・・

景気後退で 収入は減るし 生活費の節約にも限度があるし・・・

景気が悪くても お金の心配をせずに暮らしたいものですね。

コツコツとお金を貯めていくのが確実だけど なかなか 目標額までは 貯まらないものです。

宝くじに当たらないかなぁ・・・

ロト6や ナンバーズや サッカーくじtotoなど 当たれば 一攫千金の チャンスは 巷には 数多く 存在するものです。

そんな 不労所得で大金を得る情報サイトが 一攫千金.net!!

競馬・競輪・競艇などの 公営ギャンブルで当たれば 大金が手に入るかも・・・・

公営ギャンブルでなくても パチンコ・スロットなども ハイリターンのゲームはあるものです。

パチンコ・スロットなどが嫌いな人には 宝くじ!!

特に ナンバーズは 年中 発売されているし 自分で 数字を選べるという 他の宝くじみたいな 他力本願・運任せとは 一味 違うものです。

ワタシも 宝くじは 気になって買うけれど なかなか 当たらない・・・

運任せの宝くじよりも ナンバーズ・ロト6などは 自力と研究すれば あたりに近づけそうな気にもなっています。

ギャンブルと言うと 良いイメージはないけれど 宝くじは 身近なギャンブルとも言えそうですね。

年末ジャンボ宝くじで 一攫千金を手に入れた正月を迎えたいですけど・・・

株式・投資・債権・マネー

企業買収&合併&M&Aにはデューデリによる分析が不可欠です

企業の体質を強化したり 企業規模の拡大やM&A等 企業の成長は 人間の成長に似ています。

同業他社と合併する時にも M&Aで傘下に収めるときにも 企業の体質・得意分野・ノウハウ・カルチャーなど 様々の角度から 企業を査定する必要があります。

また 異業種に進出する際にも 一からスタートするよりも 企業買収して スタート時からノウハウ・シェアを確保する方が スピードアップできます。

企業の情報を正確に把握する事によって 企業価値を判断しなければ 企業の成長どころか 本業に悪影響が出てくる事も考えられます。 
企業価値を調査・分析する事は リスクを把握して 投資の成功の確率を高める事とも言えそうです。

企業の事業内容・経営状態などを様々の角度から調査する事が デューデリジェンス!!

買収・M&Aを 提示される側の企業にとっても 企業価値をあげる事は メリットがあります。

デューデリにより 企業価値が算出される事によって 企業体質の再構築を計れば 企業発展の為の ウィークポイントが見つかるかも知れないですね。

1つの企業では 出来ないプロジェクトでも 企業の集合体やホールディング等を活用する事によって 予想以上の収益体質を作る事が出来るかもしれません。

興信所

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。