特進ブログプロジェクトに参加したら良い事があるかも・・
特ダネ情報に注目!欲しい特ダネ情報紹介!

財産相続・遺産相続

お墓は要らない!お墓の相場は急騰!そんな悩みを解決する仏壇に注目!

少子高齢社会は、お墓の相場が急騰しそうです。
お寺の檀家であれば寺院墓地を利用できますけど、新しいお墓を買うとなるとお寺の檀家に入らなければなりません。
お寺のお墓の値段は???相場があるわけではないですけど、土地代(永代供養料)と墓石などをあわせると、数百万円になってしまいます。
更には、毎年、管理料が掛かりますから、お墓を維持するのも大変な時代です。

お寺によって違いますから、相場がわからない・・・・・お布施・戒名・永代供養料など費用がかかるものです。
無宗教の人にとっては、お墓は人生の最後に、残される悩みともいえます。
それ以前に、お寺の土地にはお墓を建立する場所が残されていないという現実もあります。
地方のお寺であれば、土地はあるけどお墓参りにいくことができない・・・・

公営霊園の分譲は競争力が高いし、民間の霊園は高額だし・・・・・故人よりも遺族の悩みの種になってしまいます。

そんな中、注目したいのが納骨できる仏壇です。

仏壇の下の部分に骨壷をおけるようになっていますから、お墓も納骨堂も申し込む必要がありません。
仏壇の価格も手頃です。

夫婦双方の両親のお墓を建立するとなると、両方で500万円以上になってしまいます。
そんな時には、複数の納骨ができる納骨仏壇があります。

ユニット式の仏壇ですから、連結して増やしていけるのが最大のメリットです。
幅40cm*奥行き40cm*高さ200cmとサイズもコンパクトですから、置く場所を選ばないですね。

もそもそ、骨壷を家の仏壇においていいものでしょうか???
骨壷を土に埋める場合は、墓地埋葬法という法律が摘要され、指定された場所(寺院墓地・霊園など)に限定されますけど、埋めない場合は問題なし!!と言うことです。

特に、核家族化していて、本家のお墓が遠方にあって、お墓参りができない場合などにも考えたい選択肢のひとつです。

今や家族の一員になっているペットの場合は、死んだらゴミとして扱われてしまいます。
人間と同じように老化したら介護も必要なペットですけど、死んだらゴミになるという現実があるものです。
市区町村によって違いますけど、一般ゴミとして扱われるケースが多いようです。
人間の場合と違って、庭等に埋葬することもできますけど・・・・

そんな時には、ペットの焼却業者に依頼して、ペット用の仏壇で遺骨を保管することもできます。

ペットは家族の一員と言いつつも、寺院墓地などでは家族と一緒に埋葬できないものです。

仏教では犬畜生と言われるように、人間とペットでは命の重さが違うという考え方があります。
ユニット式の納骨仏壇であれば、人間・ペットなどの遺骨を同じ仏壇に納めることもできます。

高齢社会は、跡継ぎがいない人が増える事ですから、お墓の永代供養といいつつも、管理料が滞納されれば、お墓がなくなってしまいます。

お墓と仏壇の考え方を見直すことも必要な時代です。

財産相続・遺産相続

貰って嬉しい相続も税金について知っておきたいものです

遺産相続をする機会は限られていますし、何を相続するのかもその場にならないと解らないものです。

遺産をどのように分けるか? 不動産等を相続する際に分割する事はできるのか?いくら以上の遺産であれば、相続税の対象になるのか?

遺産相続をするときにかかる相続税は、どれくらいか?

相続税と言っても、相続する人数や相続する物件・金額によって、色々なケースがあるものです。

不動産を相続しても、相続税はお金で支払いますから、払えないようなケースも出てきますし、借金が残った場合、相続すべきかどうか?

遺産の中でも、全てが相続税の対象にならないですから、控除や除外されるものについて知っておきたいものです。

遺産相続は、兄弟同士であってももめる事がありますから、遺言書などできちんと示しておく事も必要ですし、相続税の負担が少なくなるような相続対策もしておきたいものです。
タグ:相続 相続税

財産相続・遺産相続

遺産相続になると人が変わってしまいます。

「遺産相続でもめる」というと テレビドラマの世界みたいですが・・・

実際に 財産を誰が相続するか?ということになると 書類などの手続きが大変です!!

遺言を遺言書に残してあれば 故人の意思として 財産分与もわかりやすいと思いますが・・・

さらには 生前に財産を 贈与されていた場合などは 時間が経つと 不明確になっていて はっきりしません。

テレビドラマでは 遺産相続の殺人事件を 見ますけど 実際には 経験していないことをしなければいけない!!

ワタシの親戚でも 財産相続で もめています。

現金などは 比較的にわかりやすいですけど 不動産などは なかなか評価できないのが 現実です。

仲のよい兄弟でも 離れていて 突然に会うと 他人みたいになってしまい 諍いが起きてしまいます。

結局 誰もが納得する妥協案が 作れれば良いんですけど・・・

★★ 話題満載!!TOP PAGEへどうぞ ★★




興信所

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。