特進ブログプロジェクトに参加したら良い事があるかも・・
特ダネ情報に注目!欲しい特ダネ情報紹介!

自動車・中古車・バイク

安全運転につながるFineGPS iQ 7000に注目です。

自動車を運転するときに、カーナビがあることで運転しやすくなる方も多いと思います。
機能が充実しているカーナビなら、安全運転につながるので、注目をしていくことも大切なポイントです。
おすすめのカーナビとして、FineGPS iQ 7000を紹介します。
iQ_7000_JP_14.jpg
情報が入ってくると、気を付けて運転すべきポイントを押さえておくことができるようになるので、安心です。
FineGPS iQ 7000は、渋滞の状態や規制をしている場所などの案内してくれる「VICS機能」が1年間限定で提供しています。
交通情報を知ることで、安全に運転できるようになる利点があります。
無料なのも嬉しいポイントです。
その他にも安全運転につながる機能が充実しています。
iQ_7000_JP_07.jpg
オービス案内サービスもあり、事故が多い場所をアイコンと警告音で知らせてくれたりと、ドライブ中も安心できます。
オービス案内サービスはアップデート3年間無料で対応してくれるので、注目です。
安全運転をするためにも、カーナビのサポートは重要なので、FineGPS iQ 7000をチェックしてみることをおすすめします。
詳しい情報は、homepageofficial blogでチェックできます。
iQ_7000_JP.jpg

自動車・中古車・バイク

ガソリンが高い!!約束を守らない政治家たち!!

ガソリン価格が高留まりしています。
車を利用する人たちにとって、ガソリン価格の高騰は生活費に影響します。

電気代も高くなってガス代も高くなって・・・・追い討ちをかけるようにガソリン代も高い!!
消費税の増税分の値上がりなら、渋々でも受け入れなければならないけど・・・・

マイカーを持つという事は、贅沢品を持つという事で色々な税金がかかっています。
都市部で生活する人にとっては、車は贅沢品かもしれないですけど田舎の人にとっては、生活必需品!!

電車もなく路線バスは廃線が拡大していますから、移動するための交通手段はマイカーだけになってしまいます。
都市部では自転車という選択肢もあるでしょうけど・・・・田舎ではヤッパリ車社会!!

車がなければ移動できませんから、陸の孤島になってしまいます。

消費税とは別の観点から「ガソリン価格の高留まり」について考えます・

ガソリン価格の高騰の原因は・・・産油国である中東地域の戦闘・紛争が続いている事が上げられます。これは地政学的リスクですから、解決策が見当たらない・・・・
「世界の警察」を標榜するアメリカも、本気で解決を目指していないし・・・・国連も解決策を持っていないのが現実です。結果としては、中東の紛争については、当事者同士の解決にゆだねるしかないものです。

ガソリン価格の高騰の要因として挙げられるのが「円安ドル高」の為替レートです。
日本経済にとって「円安ドル高」は輸出企業にとってはメリットがあります。しかし、輸入起業にとってはデメリットだらけ!!!

原油の輸入価格が上昇すれば、ガソリン価格も上昇します。

ガソリン価格が上昇するのは、原料費の分だけです。
実際のガソリン価格は「ガソリン代」+「ガソリン税(暫定税率)」+「石油税」+「消費税」が含まれています。

ガソリン価格は地域によって違いがありますけど、1ℓ 170円 前後になっています。
税金分を計算すると・・・・ガソリン税+石油税+消費税=70円 程度ですね。

元のガソリン価格は 1ℓ 100円程度です。

ここで重要な事は・・・・「ガソリンの平均価格が、3ヶ月連続で 1ℓ 160円を超えた場合、ガソリン税(1?あたり25円)を撤廃する」というルールがあるということです。
逆のパターンとしては「ガソリンの平均価格が、3ヶ月連続で 1ℓ 130円より下がった場合、ガソリン税(1ℓあたり25円)を復活する」というルールがあります。

自民党政権ではなく、民主党政権下の際にガソリンの暫定税率でもめた時にできたルールです。

現状を見てみると・・・・今年(2014年)5月には、ガソリン価格は 1ℓ 160円を超えました。
現在(9月)においても、ガソリン価格は 1ℓ 160円を超えています。
5ヶ月連続で ガソリン価格は 1ℓ 160円以上になっています。

ガソリン価格に含まれる「ガソリン税」の運用ルールによれば、ガソリン税撤廃!!の条件を満たしています。
政府・官公庁にもメディアにも、ガソリン価格についての議論がされている様子がありませんね。
(私の知っている範囲では・・・・)

ガソリン価格が下がらないのは、政府・官公庁の怠慢?? ガソリン税の運用ルール違反!!

法律を作るのはいいけど、運用までは責任を持たないのが政治家と官僚の人たち。

政府の最高責任者は、安部総理大臣!!という事は、安部総理の怠慢?? 現実的には、安部総理だけの責任ではありませんけどね。
しかし、権限もあれば責任もあるのが政治家!!  何といっても、国民の前半から給料を貰っているんだから(正式には給料とは呼ばないですけど)

政府としても、ガソリン税を撤廃すれば税収も減るし、業者にとっても事務処理が増えるしメリットがない!!
しかし、利用者である国民にとってはメリットが大きいんですけど・・・・・「国民の為の政治」をしているんでしょう??

ガソリン価格について取り上げたい項目として「ガソリン価格の変動は、都市部よりも地方・田舎で影響が大きい」という事です。

そもそも、車もガソリンも趣味や嗜好品としてとらえられているから、付加価値税みたいに色々な税金がついています。

しかし、地方や田舎の生活においては、車やガソリンは生活必需品!!

高齢になったら車の運転は危険だから、免許返納!!と言われます。
車の運転をやめたいけど、生活に支障があるからリスクを覚悟の上で運転するのが現実です。

結果として、高齢者の車に関係する事故が増えているという現実があります。
高齢者でも車を運転しなければ生活できないという社会の背景を考えなければならないものです。

ガソリン代の話に戻して・・・・
ガソリン代が上がれば輸送コストも上がりますから、物価の上昇にもつながり生活費を圧迫します。

現に、電気代・ガス代は上がっているし、小麦製品(パンや粉製品など)や油を使用した製品も値上がりしています。
消費税アップだけに目が行きがちですけど、消費税よりも物価の字幼少のほうが大きいという現実があります。

人の税金から給料を貰っている国会議員や公務員には触れられたくない話題でしょうけど・・・・・

安部総理大臣だけではないですけど・・・・

選挙区は地方であっても、東京生まれ・東京育ちの国会議員には、地方の現状を理解する能力があるとは思えませんね。
地方遊説の際に、地方の現状を見ているといいつつも、行く先々で「おもてなし」を受けている状態では、本当の姿は見えないものです。
新聞・雑誌・テレビなどのメディアには、色々な情報が氾濫していますけど、編集して本当の部分が抜け落ちているケースも多いものです。

最後に・・・・
最近、地震だけでなく自然災害が多くなっています。

色々な防災グッズが氾濫していますけど、本当に必要なものは・・・・・コレッ!! 手回し充電ラジオです。
災害の時には停電するケースが多いですから、テレビ・電話を使えなくなります。

そんなときにはラジオ!!停電の際にはライトとしても使用できますし、携帯電話の充電もできます。
1台は準備しておきたいものです。


他にも食料品の備蓄も必要!!と言われますけど、1〜2日で救助される事を考えれば、あまり要らないかも・・・・
モチロン、ないよりもあったほうがいいけれど・・・・

充電式ラジオは、1番に役立ちます!!車が無事であれば、代用できますけど・・・・災害の時に車を利用できるとは限らないし・・・・

自動車・中古車・バイク

知られていない金融車の存在です。名車に乗れるチャンスかも。

ベンツやポルシェなどの高級車が欲しい人は多くいますけど、資金的に手が出ない!という人も多いものです。
porusye.jpg車の種類には、新車、中古車だけでなく、金融車があります。
金融車とは聞きなれないですし、車を見ただけでは判断できないものです。

簡単に言えば・・・・車を購入する際にローンを組んでいた人が、ローンの完済前に手放した車ですね。
中古車の一種ともいえますけど、メリット、デメリットがあります。

最大のメリットは、高級車を安く購入できる事です。
車種や程度によっても違いはありますけど、新車に近い状態である車が多いことです。
新車に近い状態でありながら、中古車並みの価格で購入できます。

車を購入する際、契約してから納車までの間に、車庫証明、ナンバー取得、名義変更などで数日から数週間の日数が必要です。
金融車の場合は、契約した当日にでも納車が可能!!
車庫証明も自動車取得税も不要!!

良い事尽くめのようですけど・・・・
車のローンが完済されていない為に、名義変更できないのがデメリットです。
名義変更できなくても、車検や自動車保険については、普通の車と同じです。

ディーラーや中古車ショップで販売されているケースはないようです。
程度の良い高級車を安く手に入れようとする時に選択肢の一つにしたいものです。

特殊な事情のある金融車のことなら、全国展開していて信頼できるのが、カーショップ雅です。

顧客から買取の際には、色々な調査を行なってトラブルが生じないようにしていますし、気に入らない場合は7日間の返金保証のシステムもありますから、安心できます。

車を購入するだけでなく、ローンが完済で来ていない車の売却もできますから、困った時にはカーショップ雅に相談すれば、解決策が見つかりそうです。

自動車・中古車・バイク

FITとアクアの燃費争い!しかし無視できないのがスカイアクティブのデミオかも・・・

9/6に発売されるのが、ホンダの伸がFIT!!新型FIT.jpg外観上のシルエットは、今までのFITの延長上にありますけど、スポーティーなイメージが強調されています。

ハイブリッドとガソリンエンジンがあります。
ハイブリッド車はエンジンが1300ccから1500ccへの変更が大きい部分でしょう。
目に見えない技術的な部分では、色々な変更があるようですけど、要は使いやすくて燃費が良いかどうかですね。
ハイブリッド車の燃費は、36.4km/ℓで、ガソリンエンジンの燃費は、26.0km/ℓになっています。

しかし、通常走行でエアコンやカーナビなどを使用した場合、2割減というところでしょう。

新型FITのライバルといえば、トヨタのアクア!!
トヨタ アクア.jpg
バイブリッドカーの本家ともいえるトヨタのプリウスに並ぶ看板車種です。

FITにガソリン車があるのと違い、ハイブリッド専用車と言う位置づけです。
FITの場合、ガソリン車かハイブリッドカーなのかは、外観からはわかり難いですけど、アクアは全て、ハイブリッドカーです。

FIT愛用者にとっては、メリットでもあるしデメリットでもあるし・・・・

FIT.jpgちなみに、現在のFITです。

ハイブリッドカーに注目が集まりますけど、無視できないのがマツダのデミオです。
マツダはハイブリッドカーは製造していませんけど・・・・

ガソリン車でありながら、ハイブリッドカー並みの燃費性能を持っています。
スカイアクティブエンジンと言われる、低燃費のエンジンは、レジェンドにもなっているロータリーエンジンとも並ぶものかもしれません。

FIT・アクアなどのハイブリッドカーに注目が集まりますけど、見落としがちな部分が車載の電池の寿命です。
電池は消耗品ですし、車の寿命が来る前に交換が必要です。

メーカーによって、電池の保証期間に違いがあるようですけど、交換時には高額な費用が発生します。
多分、10数万が必要になりそうですから、電池の寿命がきたら売却する人が多いのではないでしょうか??

中古車として販売する場合でも、電池交換すれば販売価格が高くなって売りにくいものですから、廃車にしてしまうケースも増えそうです。
ハイブリッドカーが売れるほど、廃車になる車も増えるかも・・・・

マツダのデミオの場合は、スカイアクティブエンジンと言いつつも、ガソリンエンジンの一種ですから、中古車価格にも変化はないはずです。

環境の事を考えて燃費の良いハイブリッドカーが好印象を与えますけど、電池交換費用や廃車が増えると環境に優しい車とはいえないのかもしれません。

ちなみに、新型FITの販売価格は、アクアよりも安い価格は126万5000円〜193万円。

個人的には、電池交換費用を燃費でカバーできなければ、ハイブリッドカーのメリットは感じないですけど・・・

自動車・中古車・バイク

バイクの盗難防止を考えたバイクパーツも準備したいものです

自動車の車上荒らしや盗難も多いですけど、バイクや自転車の盗難も多いものです。

愛用のバイクの盗難にあわないようにするのは、持ち主の責任です。

盗難にあったバイクや自転車を見つけるのは大変ですし、見つかるとは限らないものです。

特に、目立つようにアクセサリーなどを取り付けたバイクは、盗難被害にもあいやすいようです。

バイクの安全を考える時には、愛車にぴったりの商品、きっと見つかる →バイク 盗難防止グッズも考えたいものです。

バイクのタイヤをチェーンロックしたり、アラームイモビライザーを使用するなどで、盗難に合わないような対策をすることは、所有者に求められそうです。

自動車・中古車・バイク

自動車保険を比較する時にランキングも参考にしたいものです

商品を買う時に、同じようなものを比較すると共に口コミの評判や、ランキングも参考にしたいものです。

自分で全てを比較するのは大変ですし、ランキングの上位の商品であれば満足度は高そうです。

保険商品の中でも、自動車保険は継続的に加入するものですし、保険料だけでなく事故などの対応も比較する事が必要です。

多くの人に選ばれる保険であれば、保険選びの選択肢に入れたい!

自動車保険 ランキングの上位の保険であれば、メリットも多くありそうです。

自動車保険サイトのランキング.netは、納得できる自動車保険選びができそうです。

自動車保険選びの際に参考になるサイトを各ポイントごとに徹底リサーチしていますから、アナログ感覚ではなくデジタル感覚ですね。

自分では気づかない部分の評価もあるかもしれませんし、上位になるには理由があるものです。

自動車保険も節約したい商品の1つですから、納得して選びたいものです。

自動車・中古車・バイク

自分の自動車保険の評判が気になります

数多くの自動車保険がありますけど、内容を比較しても同じように見えてしまうものです。

カーディーラーや知り合いの保険代理店があれば、自動車保険の比較も、薦められるままに加入する人も多いものです。

自動車保険も納得して加入したいと考える人は多いですけど、差がわかりにくいものです。

自分だけの判断とは別に、自動車保険 評判や口コミも、参考にしたいものです。

多くの人に選ばれている自動車保険には、自分では気づいていないメリットもありそうです。

自動車保険に関するアンケートによって、ランキングをつけているサイトが「自動車保険サイトの評判.net」です。

保険の新規加入や更新の際には、多くの人に選ばれている自動車保険も選択肢にいれて、検討したいものです。

自動車・中古車・バイク

バイクパーツでドレスアップ!雨対策もしておきたいですね

春から夏に向かう季節の中で、雨が続く梅雨はツーリングを邪魔するものです。

雨で濡れた路面は滑りやすくなっていますし、ヘルメットからの視界も悪くなってしまいます。

梅雨の季節には、ツーリングは天気次第!!

そんな時には、愛車磨きの時かも知れませんね。

愛車と共に、ヘルメット・バイクスーツやブーツもお手入れしておきたいものです。

手入れしている時に、気になるバイクパーツがあったら通販などの情報収集も欠かせません。

色々なバイクパーツが揃っているゼロカスタムのサイトなら、愛車にぴったりの商品、きっと見つかる →ヘルメット等も要チェックです。

日頃の手入れも大切ですし、まとまった時間があれば、パーツ類も含めて、念入りに手入れしておきたいものです。

自動車・中古車・バイク

自動車保険を節約するならランキングを参考にしたいですね

マイカーを持っていると、使用する度合いに関わらず維持費がかかるものです。

税金も自動車保険も維持費といえます。

ガソリン代の高騰などでマイカーの維持費が高くなっていますから、節約する事を考える時に、自動車保険の更新時に、自動車保険 ランキングを参考にすると、保険料を下げる事ができるかもしれません。

今までの自動車保険を更新するだけでなく、保険内容を見直すことで家計の節約をしたいものです。

自動車保険は会社も種類も多いですから、全てを自分で比較するのは大変です。

そんな時に、自動車保険のランキングを参考にすると、比較する手間が減らせそうです。

知らない保険であっても、ランキングの上位の保険であれば、理由があるはずです。

保険会社のパンフレットを比較する時に、会社側の説明では比較しにくい部分もあります。

ランキングの評価は、利用している人の評判が反映されていますから、保険選びの際には参考になるものです。

同じ保険内容であれば、保険料が安いほうがいいですし、保険料が同じならば事故などのときの対応が良い方がいいものです。

自分の評価とランキングの評価が違うかもしれませんけど、理由が判れば納得して、契約できるものです。

自動車・中古車・バイク

自動車保険は多すぎて迷ってしまいます

自動車の維持費の1つが自動車保険です。

維持費を安くするには、自動車保険を安くする事も方法の1つです。

似たような保険が多い中、自動車保険 評判をみて、比較検討するという方法もあります。

評判が良く人気の高い自動車保険のほうが信頼・安心ができます。

自動車保険を選ぶ際に参考にしたいのが「自動車保険の評判が知りたい」というサイトです。

自動車保険を選ぶ際の判断基準は様々ですけど、事故を起こして使ってみるわけにもいきませんし・・・・

同じ内容の保険・同じような事故対応をしてくれる保険の情報収集には、他の人の評判を見てみると、判断基準が変わってくるかもしれません。

自動車保険のパンフレットなどの内容は、会社よりになりがちですから、加入している人や加入を検討している人の評判が参考にできますね。

自動車・中古車・バイク

愛用のバイクもバイクパーツでドレスアップしたいですね

風を感じて走る爽快さは、バイクでしか味わえないですね。

バイクでツーリンクする時には、ヘルメット・バイクスーツ・バイクブーツなどのファッションで決めたいものです。

バイクに乗る人だけでなく、バイクにもパーツを使ってドレスアップすれば、注目を集めます。

バイクに関するアイテムを探すなら、零カスタムさんのサイトには、色々と揃っています。

愛車にぴったりの商品、きっと見つかる →バイクブーツも、シューズも豊富に揃っていますから、ツーリングファッションには欠かせないものばかりです。

バイクに乗る時のシューズ・ブーツは、安全性と機能性が求められますから、フィット感がいいものを選びたいものです。

足元のファッションであるシューズにも、アクセサリーをつければ、オリジナリティーが出せます。

自動車・中古車・バイク

伊豆大島観光?伊豆大島で合宿して自動車免許をとりたいです

伊豆大島と言うと、観光地のイメージですね。

伊豆大島で、合宿しながら自動車学校で免許取得!というプランがあります。

伊豆大島にある「伊豆大島自動車学校」では、合宿免許キャンペーンを行なっています。

男女別の食事つき合宿施設に泊まりながら、免許を取るというのは、観光気分が抜けないかも・・・・という心配が出てしまいます。

免許を取るために自動車学校に通いながら、空いた時間には大島観光!!

現在行なわれているキャンペーン価格には食事代・宿泊費も含まれていますから、お得感がイッパイです。

伊豆大島は、離れているように感じますけど東海汽船の高速ジェット船(ジェットホイル)で1時間45分程度、羽田空港からAIR NIPPONでなら35分のフライトで到着しますから、他の地域の合宿免許よりも、近いかもしれませんね。

学校と宿泊所の間は毎時間連絡バスが運行してますから、便利さも抜群!!

大島の自然の仲での学習は、都会の喧騒から離れてのリフレッシュにもなりそうです。

大島の大自然を身近に感じる事ができますし、澄み切った青空の色、星空も魅力的ですから、大島のファンになりそうです。

モットモ、免許を取る事が目的ですから、自然を楽しむ余裕はないでしょうけど・・・・

自動車・中古車・バイク

傷んだ車内をリフレッシュできる内装リペアです。

マイカーも屋外に駐車していると、年月が経つと共に内装も紫外線などによって劣化したり、日焼けしてしまいます。

劣化したパーツを取り替える方法もありますけど、傷んだ表面を加工する事によってリフレッシュするリサイクル技術が内装リペアです。

パーツ自体を取り替えると、慣れるまで違和感を感じる事もありますし、イメージが変わってしまうこともあります。

大切にしている愛車を、リペア技術で元の状態に戻す事は、廃棄物も出ませんし環境に優しい技術ですね。

愛車を購入した時の状態に近く戻せるリペア技術の事なら、オートテック バンブーのサイトが参考になります。

内装リペアだけでなく、外装も美装すれば愛車が甦りそうです。

自動車・中古車・バイク

トヨタのディーラーが販売する中古車は安心できます

マイカーを探す時に、新車にするか?中古車にするか?迷うものです。

金額を考慮しなければ、新車の方がデザイン・装備等は最新のものですから、快適さが得られます。

マイカーの使用状況や金額等を総合的に判断したら、中古車の方がメリットがある場合もあります。

中古車と言いつつ、新車みたいなキレイな車もあります。特に、東京での中古車は、サンデードライバーとして使用された場合は、走行距離も少なく新車かと思えるくらいの掘り出し物にもめぐり合えます。

中古車販売業者は多いですけど、トヨタ 中古車だったら、トヨタ直営店の中古車に注目したいものです。

トヨタのディーラー直営ですから、自社の車として整備されていますし、アフターサービスも充実しています。

トヨタの車を買い換えるときに出た良質な中古車を紹介しているのが、東京のトヨタ販売店総合サイト「MyToyota.jp」です。

新車から中古車の在庫まで、全てが掲載されていますから、ジックリと検討したいものです。

サイトの中でも中古車情報は、東京のトヨタ直営店の在庫約3,000台の中からクルマを探すことが出来ます。

新車・中古車や、車に関する情報が満載ですから、気になったときに見ておきたいサイトです。

自動車・中古車・バイク

愛着が湧くほどバイクパーツでドレスアップしたいですね

バイクでも車でも自転車でも、使い続けるほど愛着が湧くものです。

使い続けて愛着が湧けば、生活に馴染んで大事にしたいものです。

バイクでも愛着が湧けば大事にしたいものです。

愛着のあるバイクには、愛車にぴったりの商品、きっと見つかる →バイクカバー おすすめですね。

寒い春が過ぎて、春になればツーリングで春の風を体感したいものです。

バイクには、車では味わえない季節感があるものですし、愛着を表現するバイクパーツでドレスアップしたいものです。

自動車・中古車・バイク

年数がたっても中古トラックは価値があります

荷物を運ぶ時に便利なトラックは、中古車でも需要があるものです。

荷物を積んだりする事で傷みが早いトラックは、新車に拘らず中古トラックも、いいものですね。

トラックにも流行はありますけど、荷物を積んで動く事ができれば利用価値はあるものです。

トラックの場合は、購入するよりも必要な時だけのリースも便利です。

新車に拘らず、使用目的に合わせて中古トラックを利用するほうが経済的とも言えそうです。

そんな中、注目したいのが中古トラック買い取り、販売等を手がけている『株式会社グリーンベル』さんです。

物流において、初期投資を抑える事を考えるなら、中古トラックを考えたいものです。

自動車・中古車・バイク

寒さ対策のバイク用品も揃えたいですね

寒い季節にもバイクでツーリングするのは、爽快感があります。

風を感じて走るのが魅力ですけど、寒さ対策にも万全を期したいものです。

ブーツから革のジャケットなどで防寒できますけど、顔の部分には風が当たってしまいますからフルフェイスのヘルメットが欲しいものです。

寒い季節のツーリングには、愛車にぴったりの商品、きっと見つかる →フルフェイスヘルメットを検討したいものです。

バイク用品を手に入れるなら、ゼロカスタムのサイトを見ると参考になりそうです。

ヘルメットだけでなく、ブーツからバイクウェア・グローブ等の防寒グッズが揃っています。

ファッションアイテムだけでなく、バイクのメンテナンスに必要な商品まで揃っていますから、欲しいグッズが見つかりそうです。

自動車・中古車・バイク

愛車を長持ちさせるモービル1- 化学合成エンジンオイルです

最近の車のエンジンは高性能ですから、長持ちするようになっています。

しかし、走行距離を重ねるにつれエンジン内にも汚れがたまってきますから、定期的なオイル交換が必要です。

オイル交換をしなくてもエンジンは動きますけど、性能は下がっていくものですし、不調・故障の原因にもなります。

性能が良くなっているエンジンでも、メンテナンスをする事で性能維持ができるものです。

エンジンオイルにも、色々な種類がありますけど、信頼置けるモービル1- 化学合成エンジンオイルはおススメです。

休日だけしか車を利用しないドライバーにとっても、オイル類は月日と共に劣化していくものですから、定期的なメンテナンスは大切です。

自動車・中古車・バイク

カーメンテナンスに欠かせないモービル1のオイルです

車の性能を発揮させるには、定期的なメンテナンスが必要です。

車のエンジンの性能を発揮させるには、部品のチェックやオイル類を定期的に交換することが大切です。

機械類の抵抗を減らす潤滑油には、エンジンオイルやATFオイル等の働きが大切ですね。

特に、冬場になれば気温が下がりますからオイルの性能にも変化が生じます。結果として車の性能にも影響するものです。

カーライフの裏方ともいえるオイルにも性能を求めたいものですし、車を長持ちさせる事にも繋がります。

多くのオイル類やグリース等が揃っているのがモービル1の製品ラインアップです。

最近は、高性能のエンジンが多いですけど、性能維持するためには、オイル等にも拘りたいものです。

自動車・中古車・バイク

下取りに出すよりも廃車買取を考えたいですね

車を買ったり売ったりする時に、年式や走行距離が査定価格に影響します。

高年式の車や人気車種だったら、下取り価格も出ますけど低年式の車や事故車の場合は、逆に費用が必要になってしまいます。

自動車ディーラー等の下取り価格の査定はゼロだった場合でも、廃車下取りに出せば、いくらかでもお金になるものです。

詳しくはこちらhttp://www.goodby-car.com/

低年式の車や事故車であっても、部品だけは利用できる場合もありますし、鉄等は再利用して再生できますから、価値は残っているものです。

ディーラーの査定に不満を感じたら、下取りしてくれる業者の見積りを取ってみる事もおススメです。

自動車・中古車・バイク

バイクパーツでツーリングを楽しくしたいですね

秋になれば気候もいいですし、ツーリングには最適です。

バイクや大型のスクーター等があれば、秋の風を感じて季節を体感できます。

気温が下がれば、ツーリングには防寒対策もしておきたいものです。

革ジャン等の素材だけでなく、デザインやファッション性も重視したいものです。

車でのドライブとは違って、季節を体で感じる感覚が魅力的なツーリングですが、ファッション重視なら、愛車にぴったりの商品、きっと見つかる →バイク用品 防寒にも着目ですね。

寒い中でも、季節を体感できる魅力はバイクでのツーリングですね。

自動車・中古車・バイク

家族旅行にも役立つ車をキャンピングカーショーに見にいきたいですね

旅館や宿泊施設の無い場所でのキャンプは、自然を満喫できます。

駐車場所さえ見つければ、日本全国、旅をできるのがキャンピングカーですね。

本来の目的とは違いますけど、災害時にも、応急的に住居として利用できます。

自由気ままな旅をすると時に、欲しいキャンピングカーを集めたキャンピングカーショーを、見にいきたいですね。

外国製の大型のキャンピングカーもあれば、軽自動車を利用したキャンピングカーもありますから、好みのスタイルや予算に合わせて、色々な種類があります。

色々なグレードの車種を集めた東京 キャンピングカーショーは、見るだけでも楽しそうです。

自動車・中古車・バイク

車の安全性を高めるにはタイヤ選びも大切です

車の安全性を高めるには、自動車の性能もドライバーの技術も大切です。

車の安全性能の中でも、注目度が低いですけどタイヤの状態を確認する事は大切です。

ブレーキ性能や、悪天候の時に威力を発揮するのは、タイヤの状態も大きく影響するものです。

そんな、ちょっと役立つタイヤの豆知識はこちらです。

特に、雨天時や積雪時には、タイヤの性能次第で制動距離が変わったりしますから、安全に大きく影響します。

安全運転も、ブレーキ性能やタイヤの性能によって、支えられている部分があるものです。
タグ:タイヤ

自動車・中古車・バイク

ねっとぷらざ日立キャピタルの自動車ローン・マイカーローンで欲しい車を買いたいですね

欲しい車があるけど、手持ち資金が足りない時に、自動車ローンを利用します。

自動車ローンには、色々な種類がありますから自分に都合のいいローンを選びたいものです。

600万円まで借入ができて、契約期間が7年間と長期間で借りられるのが、ねっとぷらざ日立キャピタルの自動車ローン・マイカーローンです。

しかも、ローンの申し込み手続きがネット・メール・電話・郵送にて可能と言うのも嬉しいですね。

お気に入りの車を手に入れて、少しづつ返済していくには、メリットが大きいですね。

自動車ローンを考える時に、選択肢の一つに入れたい商品です。

自動車・中古車・バイク

バイクパーツで愛車をセンスアップ!

バイクツーリングは、風を感じ季節感を直に味わえます。暑い日もあれば寒い日もありますけど、自然を肌で感じる楽しさは、車では味わえないものです。

バイクでツーリングの時のファッションも色々とありますけど、バイクにもカスタムパーツ等を使ってセンスアップしたいですね。

派手さだけでなくシックにまとめるのもいいですし、見えない部分に凝って性能アップにこだわるのもいいですし、一人ひとりでオリジナリティーを発揮できます。

バイクを注射しておく時にも、オシャレなバイクカバーで愛車を守ってあげたいものです。

バイクを大切にする人の愛車にぴったりの商品、きっと見つかる →バイクカバーにもコダワリを表現できます。

自動車・中古車・バイク

Japanese used cars are popular overseas.

Many car manufacturers in Japan is like a short life of the car.

Performance is a good car, but should be available in a long time, and the older the model year will be eligible for replacement.

The green tax was enacted as is unfortunately also lowered the attractiveness of used cars.

First the car, something to cherish! ! Lifestyle said to be used until it freezes, the better the penetration of the world.

Exports of Japanese cars are located around the world, even where used car exports, Asia, Southeast Asia, Middle East, Africa, Oceania, and Mongolia, has spread around the world.

Abroad, is said to be Japanese used car, used car.

Also outdated format, moving the car has been used overseas. Is that a foreign exporter of used cars, and TSK & COMPANY.

Buy a car in Japan on behalf of overseas customers, the company has exported to foreign countries. Yet, rather than to refuse to move to scrap a used car, be used until the end, I think for those who were happy with the production?

自動車・中古車・バイク

夏のツーリングは、バイクパーツでドレスアップ!

梅雨が明ければ暑い夏! 暑い夏でも風を感じて走るのがツーリングの醍醐味ですね。

車のドライブとは違って、体中で風を感じ体に伝わる振動を味わい、一体感はバイク出しか味わえないものです。

愛用のバイクも、バイクパーツを組み合わせてオリジナリティーを演出したいものです。

全てが見えるバイクだけに、バイクパーツでセンスアップすれば、注目が集まります。

バイクのドレスアップには↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
愛車にぴったりの商品、きっと見つかる →CB 1300 カスタムパーツです。

モチロン、色々なバイクのパーツがありますから、愛用のバイクに合わせてドレスアップできます。

走りに徹して、エンジン周りにこだわるのもいいし、ドレッシーに外装のアクセサリーにこだわるのもいいし、オリジナリティーを追求すれば、ツーリングの楽しみも大きくなりそうです。

自動車・中古車・バイク

車を大切にする人は、エコに協力しない人?なのでしょうか

エコや節約は美徳でしょうか???

震災後の電力不足で、節電・節約に対する意識が高まっています。節約・節電する事は、エコに通じるのでしょうか??

エコという言葉が浸透していますけど、エコという言葉の意味が混同されてしまっているのでは?と疑問が湧きます。

エコエコロジー(環境)の短縮形として使われているはずですが、現実はエコノミー(経済)の方策が多いものです。

エコポイント制度も、薄型テレビの普及の為の政策的なもので、まだ使えるテレビを買い換えることによって、大量のブラウン管テレビがゴミとなって排出されました。

エコロジーの観点から言えば、使えるテレビをゴミにするというのは、環境に優しいとはいえないのではないでしょうか・・・・・

更に、エコカー減税についても、排出ガス及び燃費性能の優れた環境負荷の小さい自動車に対して自動車税を軽減すると言うものですが、ハイブリッド車は優遇されても、軽自動車等は優遇されていない・・・・・

環境負荷を考えれば、軽自動車は環境に優しい車といえそうですが・・・・・

更には、新車新規登録から一定年数を経過した環境負荷の大きい自動車は税率があがるという事もあります。
「ディーゼル車で新車新規登録から11年を超えた車」と「ガソリン車・LPG車 新車新規登録から13年を超えた車」の税金は、10%ほど、自動車税が上がります。

車を大切にし、長く乗り続けると自動車税が上がる⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒古い車に乗り続けるのではなく、新しい車に買い替えを促進するような政策です。(自動車税制のグリーン化)

古い車を大切に乗り続けることと、新しい車を製造する事と比較すれば、どちらが地球環境に対する負荷が小さいか?

今の車は性能がいいですから、13年以上乗り続けても、十分ですけど・・・・

エコはエコロジーじゃなく、エコノミーなんですね。

車を大切にするということは、自動車税を上げる事!!すなわち、エコじゃない!悪い事なんですね(皮肉)

まだ使えるブラウン管テレビを廃棄してゴミを出す事はエコ!?

エコ・節約と言いつつも、政策としては逆のことをやっていて、消費社会(エコノミー)を推進しているのが現実ですね。


自動車・中古車・バイク

スーパーカブにもバイクパーツでカスタマイズ

バイクでツーリング!!

バイク好きの人にとっては、ツーリングには最適な季節です。

原付と呼ばれるバイクの代表が、スーパーカブですね。日本だけでなく、世界中で愛用されているスーパーカブは、色々な場面で見かけます。

普段の足として利用されるスーパーカブを、色々なパーツでカスタマイズするというのも良いですね。

数多くの人に愛用されるスーパーカブ用に、アクセサリーやオプションパーツが揃っているのが、零カスタムさんです。

身近にあるスーパーカブを、自分だけのカスタム仕様にするのは、大型のバイクをカスタマイズするのとは違った趣があります。そんな時に参考になるのが↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

愛車にぴったりの商品、きっと見つかる →スーパーカブ110 カスタム

普段から見慣れているスーパーカブですけど、色々なパーツを組み合わせることによって、イメージチェンジできるものです。

自動車・中古車・バイク

車買取の価格は高く!中古車販売価格は安く!理想的ですね。

車を売るなら高く売りたい!中古車を買うなら安く買いたい!

誰でも思うことですけど、現実には中古車の流通経路・中古車の人気度などによって、価格は様々ですね。

流通経路によってマージンが積み重なって、中古車の販売価格に反映されます。中古車を、直接、買って、直接、売ればマージンが少なくて済みます。

流通の仕組みは、数多くの人が関与することによって、価格上昇になるし、販売価格が決まっていたら、仕入れ価格が抑えられるんです。

中古車買取価格は高く!中古車販売価格は安く!車を売る側も買う側にも嬉しい方式を行なっているのが、『CARCHS(カーチス)』さんです。

『CARCHS(カーチス)』さんは、直接、車を仕入れて、仕入れた車を直接、販売というシンプルな考え方です。

マージンという経費を削減することは、車を売る人にも、購入者にもメリットが大きいですね。

興信所

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。