特進ブログプロジェクトに参加したら良い事があるかも・・
特ダネ情報に注目!欲しい特ダネ情報紹介!

介護・老人ホーム・介護施設

敬老の日!!健康で長生きに価値があります

9/16  敬老の日!!
100歳以上の人口が増加!!
毎年、高齢者の人口が増え続けて、今年は100歳以上の人が5万4397人になりました。

長寿を祝い、高齢者を敬うのが「敬老の日」ですけど・・・・
しかし、介護を受けながら過ごしている高齢者も増えています。

介護保険料を支払っていますから、介護を受ける権利はありますけど・・・・
高齢社会になっている現在、健康で自立した高齢者の増加が望まれるところです。

長生きする権利と言うだけでなく、「健康で長生きできる期間(健康寿命)」が大切かも・・・・
生存権という事でいえば、命の重さは誰でも一緒ですけど、健康な人と要介護の人では、社会における存在価値には違いがあるように感じます。

モットモ、要介護者が増えることによって、医療や介護の仕事が創出されますけど・・・・
敬老の日」は、高齢者を敬うだけでなく、健康寿命を延ばすアドバイスも必要ではないでしょうか??

介護や高齢者医療が充実している日本において「生命の維持」だけでよければ、延命治療もできます。
病院のベッドの上で、色々な機械やチューブに繋がれた状態で過ごす日々は、高齢者本人が望む状態かどうか?
疑問があります。
モットモ、延命治療を希望したのは高齢者本人ではなく、家族や周囲の人たちでしょうけど・・・・

個人的には、高齢になって自分で食事や排泄ができなくなったら、人生を終えてもいいと思っています。
1人の延命の為に、周囲にいる数人の人の時間を無駄にするのもモッタイナイ。

ましてや健康な状態に戻れる可能性があれば、治療にも意味があるけど、可能性がなければ医療機関が儲かるだけだし・・・・

敬老の日」には、健康寿命を延ばすような品物を選びたい!!
家族でも楽しめるものとして、Wiiがおススメ!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

色々なソフトがありますけど、高齢者や子供でも楽しめるものを選びたいですね。
シンプルでマイペースで楽しめるのが「太鼓の達人」かも・・・・
単純に、メロディーに合わせて、太鼓を叩くだけと言うシンプルさ。
シンプルなほど、誰でも取り組めてハマってしまうものです。

介護・老人ホーム・介護施設

高齢になると階段の上り下りが苦痛に感じます

若い時には感じないですけど、高齢になると階段の上り下りが苦痛になります。
2階に寝室がある場合は階段は避けられないものですけど、足が弱っていると転倒・落下事故などの原因にもなって、骨折すれば要介護状態になる事もあるものです。

階段の変わりにホームエレベーターを設置する方法もありますけど、家の構造上、リフォームで対応できるとは限りませんし、費用も高額です。
既存の階段を利用した階段昇降機を設置することで、対処する方法があります。

階段の形状に合った階段昇降機を付ければ、高齢になっても在宅での生活ができます。
色々な階段昇降機を取り扱っているのが「リフテック」です。
スギヤス製の階段昇降機をはじめ、色々なメーカーの製品を取り扱っていますから、階段の形状や使い勝手などを比較検討したいものです。
「リフテック」には階段昇降機に精通したスタッフが揃っていますから、プロの知識と経験による意見を聞いて参考にしたいものです。

色々な階段昇降機を取り扱っていますから、安価な製品から高級グレードまで揃っていますし、機能面も充実していますから、スタッフに相談すれば、納得できる昇降機が見つかりそうです。

介護・老人ホーム・介護施設

足こぎ車椅子は、リハビリの常識を変えそうです

リハビリの常識を変えるかもしれない「足こぎ車椅子」です。
p01_pro.jpg
生活習慣病や現代病の1つとして上げられる「脳卒中脳梗塞」です。処置が早ければ後遺症も少ないですけど、大半の場合、マヒが残るものです。

特に、半身麻痺が残った場合、歩けるようにリハビリをしても、完全にもとの状態に戻らないケースが多いようです。

1年間ほど、リハビリをして回復できなければ、リハビリによる回復はできないと言われていました。

結果として、車椅子生活になりますけど、半身麻痺の場合、片手での車椅子の操作もままならないものです。

リハビリで回復しなかった人にとって注目の「足こぎ車椅子」です。

自転車のペダルを車椅子に追加したような形状ですけど、片足でもこげるようになっています。

片足でペダルをこげば、不自由な片足も追従します。結果として、動かない足の筋力アップにもつながります。

今まで歩けなかった人でも、足の筋力がつくことによって歩行訓練に取り組めるかもしれませんから、歩けるチャンスがあります。

脳に障害があると、手足が動かないとされていましたけど、足を動かすことによって、動作を脳に伝えると
言う、逆の発想です。

リハビリの常識が変わりそうな「足こぎ車椅子」・Profhand(プロファンド)は脳卒中で半身が麻痺した方、腰痛、膝関節痛などで歩行困難な方でも、自身の両足でペダルをこぎ自由に走り回ることができる最先端のチェアサイクルです。

東日本大震災で被害を受けた、東北発の商品です。




介護・老人ホーム・介護施設

老後の暮らしの充実は有料老人ホームを利用する選択もあります

少子・高齢社会は、老後の生活が不安になります。

健康で高齢であれば問題ないですけど、持病等がある場合、介護の問題も出てきますし、見守りの問題も出てきます。

在宅の生活で不安を感じたら、有料老人ホームで生活すると言う選択肢もあります。

突然の事故・病気等の際にも対応してくれますから、生活の中での安全・健康管理も助けてもらえるのは嬉しいものです。

健康状態や生活環境などに対応した色々な老人ホームが各地にあります。

都心部では、東京・神奈川をはじめ、千葉県の有料老人ホームの一覧ページなどが参考になりそうです。

自立した生活をしながら、突然の事故・病気に不安を感じたら老人ホームでの生活は、安心感があるものです。

介護・老人ホーム・介護施設

介護食だからこそ美味しいものにしたいですね

高齢社会になって、介護が必要な人も増える傾向があります。

体力・体の器官の低下は食事内容も変化します。

咀嚼機能が低下すると、食べ物の種類も限られてしまいますから、必要な栄養素の摂取が不十分になると言う問題も生じます。

食べたくても食べられない食物でも、調理法法に工夫した介護食なら食べる事ができます。

柔らかくしたり、キザミを小さくする事で、色々な食物を食べる事で栄養バランスを保つ事ができるものです。

硬い食物でも調理方法を工夫した介護食でたくさん栄養を摂取しようと言うことです。

実際に、介護食を少量作るには手間がかかりますけど、市販でも色々な種類の介護食がありますから、調理の参考にしたいものです。

介護・老人ホーム・介護施設

高齢社会における老人ホームの需要は大きくなります

世界に類を見ない高齢社会になっている日本です。

少子化も進行していますから、高齢になっても自立した生活が必要になりますけど、在宅の生活では不安もあるものです。

在宅で老老介護になる事のリスクを考えると、老人ホームの利用も考えたいものです。

高齢になると持病が悪化した場合、生活は不便になりますし介護の負担も大きくなります。

健康な時には、在宅並の生活をしながら介護が必要になった時には介護サービスを受けられる老人ホームもありますから、将来に不安を感じたら老人ホームの情報も集めておきたいものです。

各地域で老人ホームや介護施設の情報がありますけど、東京で有料老人ホームを探すならシニアライフサポートが便利です。

介護・老人ホーム・介護施設

ロコモティブシンドロームは高齢社会のキーワード

高齢社会とか長寿社会と言う言葉が頻繁に使われています。

ロコモティブシンドロームって??


高齢社会になれば、介護が必要な要介護者が増えても介護に必要な人材が確保できない!

介護職員の人材不足が注目を集めていますけど、少子高齢化社会である以上、予想されていた事です。

介護の人材不足以前の問題として、国民年金だけの生活者にとって、介護に使う費用が足りない!!

在宅介護でホームヘルパーを利用する場合でも、特別養護老人ホームなどに入居して介護を受ける場合でも、利用者の1割負担ですから利用したくてもできないと言う介護難民が増えそうです。

介護に使う費用を出したら、食費等の生活に必要な費用が足りない!!現実的な問題です。

注目度は低いですけど、介護が必要でも介護費用の自己負担が出せなくて、訪問介護・施設介護を利用できない人は、増加傾向にあります。

介護の原因となるのが骨折等により、歩けなくなって寝たきり老人になってしまう事です。

誰も、好きで寝たきりになりたいとは思っていないけど、リハビリなどに対しての知識が無いし、指導も無い!!高齢者医療が充実していない現実があります。

入院などによって、足の筋肉が減ってしまうことによって、歩きたくても歩けなくなり、あきらめの気持ちが大きくなり、寝たきりの生活になってしまうものです。

老化によって若い時ほどは歩けなくても、ユックリでも歩ければ生活できます。

特に、筋肉は一生鍛える事ができると言われますから、激しい運動ではなくても筋肉の低下だけは防げるものです。

高齢社会において、ロコモ(ロコモティブシンドローム)か注目されそうです。

ロコトレ(ロコモーショントレーニング)という言葉でも一部では使われています。

介護難民にならないためには、ロコトレなどで、筋肉を維持することによって、寝たきりにならない事に尽きます。

介護・老人ホーム・介護施設

数多い老人ホームにも相性があります。

介護施設に色々な種類がありますし、利用する場合に相性があるものです。

老人ホーム等は施設の運営方針によって、介護サービスの内容が違いますし、利用者同士の相性もあります。

利用している年代の違いによっては、考え方に違いが有りますし、入居前の生活スタイルの違いもあるものです。

また、リハビリに力を入れたり、レクレーション等の娯楽に力を入れたり、食事等の充実に力を入れたりと、介護施設のサービス内容は様々です。

感覚的なものが大きなウエイトを占めますから、相性のいい介護施設を利用したいものです。

介護でも、インターネットを利用したサービスもあります。

介護関係の商品の販売等を考えるなら、サイトを開設するだけでなく、売り上げUPのSEO対策もしたいものです。

サイトを開設しても、売り上げが伸びなければモチベーションも下がってしまいます。

SEO対策と言っても、色々な方法がありますけど、検索エンジンの特性をつかみ相性のいい対策が必要です。

介護・老人ホーム・介護施設

福祉避難所!地震などの災害での二次被害を防ぐには福祉避難所の充実!

東北関東地震で被災した人たちは、辛い避難所暮らしです。普通の避難所ばかりに注目が集まりますけど、災害弱者の「高齢者」「要介護者」「障害者」等には、福祉避難所でのケアが必要です。

寒い中、健康な人でも体力消耗が激しい状態だと思います。

東北地方は、高齢化が進行していますから、被災者の中に高齢者が占める比率が高いものです。

健康な高齢者でも、地震による被災で、健康を害するし、避難所暮らしによって、体力消耗が激しいですから、要介護状態になる非とも増えそうです。

地震や津波の被害でなくなった人共に、避難所暮らしによって、体力消耗や栄養状態の悪化によってなくなる災害弱者には、介護などが必要ですね。

食事も、オニギリやパンは十分に行き渡りつつありますけど、高齢者。要介護者にとっては、嚥下の問題で食べられない場合もありますね。

更には、入れ歯などを使用している場合、入れ歯のメンテナンスや洗浄等のケアもありますし、老眼鏡等も必要かもしれません。

被災者の中でも、要介護者、障害者には、福祉避難所等でケアをしなければ、二次被害の犠牲者になってしまいます。

福祉避難所には、医師と介護職員を配置できたらいいけど、現実的には難しいですね。

緊張感が維持している間は、二次被害者は出にくいですけど、緊張感が薄れると共に、被害者が発生しやすい傾向があります。

阪神淡路大震災でも、高齢の二次被害者がありましたから、東北関東地震の被災者からは、二次被害者の発生を抑えて欲しいものです。

介護・老人ホーム・介護施設

地震の中で頑張っている介護職員にエール!

東北関東地震で被災した人の中で、デイサービスで頑張っている介護職員がいます。

介護施設は、地震の際の避難所に指定されていないから、物資の配給にも限界があります。
----------------------------------------------------------
東日本大震災 無休で介護、職員疲弊 宮城・石巻の施設(毎日新聞 配信)

宮城県石巻市の牡鹿半島の被災地では、高齢者の介護が苦境に立たされている。
震災を認識できない認知症の高齢者がストレスを募らせ精神的に不安定になっているほか、介護スタッフはほぼ無休で働き続けている。
笑顔を絶やさず振る舞っているが、体力の限界が近づいている。
牡鹿半島の先端に位置する「清優館デイサービスセンター」。
日帰りの通所施設だが、17日現在で要介護3〜4の高齢者22人が避難生活を送っている。
「いつかは見通しが明るくなるんでしょうか」。
介護スタッフの安藤けえ子さん(41)は不安を打ち明ける。
震災以来、物資はほとんど届かず、施設に備蓄していた食料や薬を無料で供出しながら介護を続けている。
高齢者は、食事や服薬が制限されストレスは募る一方だ。
その中でも認知症高齢者の多くは震災が起きたことを覚えておらず、停電で夜に暗闇になると「電気を消さないで」と動揺する。
情緒不安から泣いたり徘徊(はいかい)する頻度も増加している。
介護スタッフは、高齢者らと同室で寝泊まりしており、十分な休息は取れていない。介護スタッフの亀山宏子さん(27)は「笑顔だけは絶やさないようにしている」と気丈に振る舞っていた。
----------------------------------------------------------
介護施設の中でも、デイサービスには宿泊設備が十分でないですから、泊まりの介護は難しいのが現状です。

デイサービスの介護職員は、夜勤等の宿泊勤務が無いですから、夜間の介護については不慣れな人が多いのも事実です。

介護の仕事と一口に言っても、介護施設の種類によっては、違いがあるものですから・・・

介護職員が疲れて、介護ができなくなれば、要介護者ともども、共倒れになってしまいます。

物資もないし、介護の仕事も、普段とは違う事が多いし・・・・

介護施設が、避難所に指定されているなら、物資の配給もスムーズでしょうけど・・・・

今回の東北関東大震災の場合、被災地域が広いし被災者も多い!!

まして、道路等の交通が遮断されている場所なら、被災者がいるかどうかもわからないのが現状ではないでしょうか・・・・

被災者の中には、配給が受けられないまま、孤独死になってしまう人もいるのでは・・・・

介護・老人ホーム・介護施設

老後は有料老人ホーム 大阪で憩いを求めたいですね

少子高齢化の社会において 老後の生活は 子供が面倒を見てくれるとは限らないですね。

高齢になっても 自立して生活する事が求められそうです。健康である時は自宅での生活が理想だけど 体力が低下したり 持病等が悪化したりすれば 介護などが必要になります。

まして 会社を定年退職すれば 付き合いの幅も狭くなってしまいますから 他人の援助を期待するよりも 自立することが大切になります。

同じ高齢者同士が集まって 生活する場として考えられるのが 有料老人ホーム!!

特養などの介護施設もありますけど 介護不要で生活が自立できる時は 有料老人ホームのほうが 生活も充実しそうです。

全国に数ある有料老人ホームの中で 関西で生活するなら有料老人ホーム 大阪が注目です。

各有料老人ホームで 色々な特徴がありますから まずは 見学してみるのがいいですね。

介護・老人ホーム・介護施設

爪の変形には巻き爪治療!爪にも癖があるものですね

普段は気にならない足の爪の変形です。 

車椅子利用の高齢者に多いのが 足の爪の変形!! 巻き爪になったり変な形に 爪が変形する事が多くみられます。

歩けなくなると 爪にかかる圧力が無くなる為に 爪が変形しやすいようです。

特に 高齢者には 足の指の変形も 多く見られます。

多分 クツなどが合わなかったり 無理してあわないクツを履いていたからかもしれませんね。 

高齢者に限らず 長期入院していると 歩く機会が減って 足の爪が変形するケースが多いようです。

巻き爪などの 爪の変形は 歩く時に痛みが生じたりしますから チャンと 治療したいものです。

巻き爪治療にも 色々な方法が あるようです。

外科的な手術方法もあれば 装具などによる 巻き爪治療もあるようです。

外科手術は 痛みがあるし・・・・

痛みの無い 巻き爪治療を行っているのが「金内メディカルクリニック」です。

爪の表面に半透明のプレートを装着するという巻き爪治療ですから 痛みが無いのが 特徴ですね。

「金内メディカルクリニック」はテレビなどでも紹介されたことがあるし 芸能人もかようクリニック!!

更には 巻き爪治療だけでなく 人間ドックや脳ドックなどの先進医療で実績・信頼のあるクリニックです。

介護・老人ホーム・介護施設

介護だけでなく高齢になると失禁パンツも知っておきたいものです

介護の現場だけでなく 高齢になると 多少の尿失禁はあるものです。

咳をしたり くしゃみ をしたり 重いものを持って 力を入れるなどの 日常の動作の中でも 軽い尿失禁は おきるものです。

そんな時に 尿取りパッドを利用するのもいいですけど 外見などを気にする人も多いはずです。

実際には 外見には現れないですけど 気分的に 違和感を感じてしまうし・・・

普通の下着のように見えるのが 失禁パンツや尿漏れショーツと言われる下着です。

高齢になって 膀胱周りの筋力が低下すると 尿失禁の原因となりますから 病気とはいえないですね。

女性だけでなく 男性でも 尿失禁は 同様のことが言えますね。

尿取りパッドを使うほどじゃないけど・・・軽い尿失禁には 外見上は 普通のショーツやパンツに見える 失禁対策の 下着も考えたいものです。

介護・老人ホーム・介護施設

介護の人材不足!原因があるから結果がある!

介護の人材不足! メディアでも取り上げられていますし 失業者対策にも 介護施設への 仕事を薦めています。

しかし 現実として 介護の仕事は人材不足・・・・

本当に 介護の仕事は 人材不足でしょうか???

誰もが 介護の仕事は人材不足だと感じていますけど 人材不足になる原因は???

何事にも 原因があるモノです。 介護の仕事をしたい!と思っている人でも 介護の3K(きつい・きたない・危険)は 敬遠したい??

だけど 介護に限らず 色々な仕事の中で 重労働もあるし 汚い仕事もあるし 危険な仕事もあるものです。

介護の仕事を始めても 離職者が多い!! なんと 離職率20%!!

5人に1人が 介護の仕事を止めていくという 恐ろしい現実。

介護は3Kの仕事だから止めていくのでしょうか???

介護の離職の原因は 低賃金!! 重労働でも 汚い仕事でも 危険な仕事でも 仕事に見合った 賃金であれば 仕事として 考えられます。

介護の賃金は??? 都市部・地方によって違います。 時給に換算すれば 都市部で 1000円〜1200円くらいでしょうか???

地方では 時給 700〜900円くらいでしょうか???

大企業・中小企業の 平均的なサラリーマンの月給が 28万円くらい(統計によって違います) 介護職員の月給は 都市部で 20万円? 地方だと 15万円?

現実的に 手取り金額になると・・・・

生活保護を受けているような金額かも・・・・

介護の仕事を始めても 生活できるだけの給料がなければ 転職せざるを得ない!という 現実があります。

介護の仕事に魅力を感じる人は多いけど 生活費を確保できない仕事は 続けられないのは 当然のことですね。

実は 介護の資格を持っている人や 福祉系の大学・専門学校の卒業生を合計すれば 介護の人材は 十分に足りています。

介護の資格を持っていても 生活のためには 介護施設は給料不足だから・・・・という 数多くの人がいます。

特に 男性の介護求職者は 完全に 余っていますし・・・・

介護は女性の仕事!!という 昔のイメージが 多く残っているんですね・・・・

多分 介護の仕事の給料で 生活できる!!という状況を 作っていけば 介護職員不足は解消できるのでは 無いでしょうか??

一般企業のサラリーマンと同じ給料だったら 介護の仕事には 魅力があるものです。

介護・老人ホーム・介護施設

人の体臭対策には脱臭 装置が欲しいものです

介護施設などで 高齢者が多数 集まる施設には 独特の臭いが あるものです。

病院などで 独特の薬品の臭いを感じるように 介護施設には 人間の体臭によって 独特の臭いがあります。

加齢による加齢臭も集まれば 独特の臭いを感じるものです。

人間の体臭って 慣れてしまえば何も感じなくなるものですけど・・・

しかし 体臭による臭いでも 不快感を持つ人がいるのも 現実!

脱臭 装置や空気清浄機などで 空気をキレイにして 独特の臭いも消したいものです。

脱臭剤や芳香剤などを活用して 臭い対策を施したいものですね。

特に 冬場などで 窓を閉め切って換気不足になる季節には 脱臭装置など 強制的に 脱臭対策することが必要といえそうです。

介護・老人ホーム・介護施設

シニアライフは第二の人生!自分らしく輝きたい!

グローバル化!と言うけれど 世界の出来事や 世界の文化などは 観光ガイドで知るか?留学して体験するか? 現実の世界の人々の生活を知ることは少ないものですね。

同じ人間の生活でありながら 世界各地では 色々な文化があるものですし 違った文化があるものです。

世界の文化や生活を紹介するのが グローバル・ビジョンです。

グローバル・ビジョン」では 外国のテレビドラマや映画とは違った 生の生活を 紹介しています。

普通の生活のドキュメンタリーですから ライフスタイルや考え方を比較できますね。

毎週放送中の グローバル・ビジョンを 見逃した人の為には 無料オンデマンドで 番組を見ることも出来ます。

見逃した番組や 記憶に残った番組を視聴すれば プレゼントがもらえるキャンペーンもやっています。

番組を見て プレゼントがもらえるキャンペーンは 要チェック!!

そんな中 私が気になって視聴したのが「世界のシニアライフ」です。

日本でも高齢者が増えていますけど セカンドライフの考え方と 自分の年齢を どのように受け入れるかは 世界各国で違うようです。

老後の生活!というよりも シニアライフ・セカンドライフとして 今までと違ったライフスタイルを 作っていけば 充実した人生になりそうです。

自分が身に付けたスキルを 若い人や社会に還元する事も大切ですね。

自分が社会から受け取った体験やスキルを 後世に語り継げば 形を変えたボランティアにもなりますね。

モチロン 高齢になっても 自立することを目指すことは大切!

自立するためには 社会とのかかわりをもって 精神的に若さを保つことも大切ですね。

高齢になって 人生の終焉に向かうのではなく 自分のスキルを 社会に役立つように 社会還元することが大切!!

シニアライフは 老後の生活というよりも 身につけたスキルを 社会に還元することですね。


グローバル・ビジョンは TwellV (BS12)では毎週日曜夜9時から、ヒストリーチャンネルでは毎週土曜と日曜の朝10時から放送中です。

介護・老人ホーム・介護施設

高齢社会に向けて島製作所のシルバーカーに注目です

高齢社会になって 高齢者でも自立することが大切になります。

自立するためには 丈夫な足が必要(笑)

高齢になって 足が弱ってくると 外出するのが億劫になるものです。

杖が必要になったり歩行器(車)が必要になると 家に引きこもりがちになりそうです。

長時間 続けて歩くのが辛い! だけど 外出すれば 休憩場所が少ない・・・・

高齢社会に向けての 社会基盤の充実が必要ですね。

社会基盤の充実を当てにしていても なかなか 進まないのも現実です。

高齢になっても 自分で外出するには 歩行車・シルバーカーを利用するのも 方法の1つです。

足元に自信がなくても シルバーカーがあれば 転倒しにくくなるし 疲れたら イス代わりに 休憩できるし・・・・

シルバーカーや歩行器などの 高齢者向け機器を 作っているのが 島製作所さんです。

最近のシルバーカーは 色々なデザインがありますから 杖を利用するよりも オシャレ!

日本は すでに高齢社会!!高齢になっても 自分で行動する時代ともいえます。

そんな時に シルバーカー・歩行器などを 上手く利用したいものですね。

歩行車とシルバーカーの区別って 普通 区別がつきにくいですけど・・・・

要介護認定・要支援認定があれば 歩行車は 介護保険の対象になって 自己負担1割でレンタルできるんです。

介護・老人ホーム・介護施設

将来 介護用品は身近な存在になりそうです

高齢社会になっている今 介護は 社会的問題に なりつつありますね。

介護用品というと 車椅子をイメージする人が多いようですけど 多いのは オムツや食事に関するモノが 需要が多いんです。

私も 介護の仕事をしていますけど 車椅子は 移動手段ですね。

介護で大変なことは 排泄介助や食事介助!!

オムツも 最近は 紙オムツで 色々な種類があるものです。

食事なども 嚥下機能が低下した人の為に 介護食も 色々と出ています。

介護に必要な商品を扱っている 介護用品 販売のショップには 便利グッズが イッパイあるものです。

健康なときには 介護を受ける立場を 想像しにくいですけど 高齢者に優しい商品は 誰にでも使いやすい!!という事が 介護の仕事をしていると実感できるものです。

核家族化の進行によって お年寄りとの 同居経験が少なくなっていますけど 介護が必要になったときに慌てないですむようにしたいものですね。

介護・老人ホーム・介護施設

腎臓病には腎臓病食が必要だし 介護食の通販・非常食通販などを 上手に利用したいものですね

病気になって 初めて 健康のありがたさを感じます。

食事療法の必要な病気の一つが 腎臓病です。

食事療法では 適正な「塩分」「水分」「蛋白質」「エネルギー量」を とることが必要になります。

腎臓病の食事は 低蛋白・高カロリーを 考える必要があります。

更には 日本人に多いのが 塩分の摂取過多です。塩だけでなく 醤油などにも塩分が含まれていますから 知らないうちに塩分を取りすぎているんですね。

腎臓病において 塩分・蛋白質のとりすぎは禁物!!しかし 味気ない食事はしたくないもの!!

腎臓病に必要な栄養をバランスよく摂取するには 腎臓病食の通販を利用する方法もあります。

腎臓病になっても 美味しい食事をしたいものですね。

病気ではなくても 高齢者の食事などは 嚥下機能が低下していますから 呑み込みに工夫が必要です。

誤嚥がおきると 誤嚥性肺炎などの 命にかかわってしまいます。

嚥下機能が低下した高齢者向けには 介護食の通販を利用して 飲み込みやすくできる工夫の商品があります。

水やお茶などは 嚥下機能が低下した人にとっては ムセる原因ですから トロミ剤などで 飲みやすくすることが 誤嚥性肺炎などを予防する方法です。

最近は 地震などが多発していますし 災害なども多くなっているようです。

地震・災害に用意したいのが 非常食!!

色々な非常食がありますけど 水とレトルト食品などを用意しておけば 非常時には役立ちます。

非常食を用意するなら 非常食通販を 参考にするのもよさそうです。

非常食と言っても レトルト製品で 美味しく食べられるモノがたくさんあるものです。

備えあれば憂いなし!!非常の場合でも 美味しいものを食べたいですね。

介護・老人ホーム・介護施設

牛乳風呂のように見えるマイクロバブルで温泉感覚?

白く濁った様に見えるお湯は 温泉や牛乳風呂のように感じてしまいます。

白く濁って見える原因は マイクロバブルという 小さな気泡がお湯に入っているためですね。

高齢社会において 介護施設などで 高齢者の入浴作業は 重労働!!

高齢者にとって 清潔にする為には 入浴は欠かせないものですけど 介護スタッフにとっては 大変な労力を伴うものです。

高齢者の入浴の際に 体の汚れなどを取ってくれるのが マイクロバブルという 小さな気泡です。

皮膚の弱い高齢者にとって 入浴して 肌に優しい泡で 清潔さを保つことができれば 介護スタッフの労力の軽減にもなりそうです。

皮膚の弱い高齢者にとって最適な マイクロバブルであれば 普通の人にとっても 優しいものですね。

皮膚を清潔に保つと共に 健康維持には マイクロバブルの洗浄力を活用したいですね。

介護・老人ホーム・介護施設

故人にも安らかに・・・所沢 霊園の環境は必見かも・・・

先祖代々の墓地というのも 遠隔地だったら お墓参りなども 大変です。

まして 墓石の清掃・区画の草取りなど 維持することも大変ですね。

都心などの 中心部に納骨堂もありますけど 故人には 環境のいい場所で眠ってもらいたい・・・

最近は 生前に墓地・霊園・墓石などを準備する人も増えているようです。

ヤッパリ 環境がよくて 交通の便がいい場所に 霊園を用意したい!!

都心から近くて環境のいい霊園の候補が 所沢 霊園ですね。

高速道路のICから近いこともありますけど 墓地の施設がバリアフリーになっています。 駐車場から墓地の区画まで 段差なし!!

長寿社会になっている今 高齢者の墓参りが増えることを考えると バリアフリーは 嬉しい心遣いですね。

介護・老人ホーム・介護施設

シルクロードの絵画で一斉を風靡した平山郁夫さんが逝去・・・

平山郁夫さんが逝去!(黙祷)

平山郁夫さんといえば シルクロード!

シルクロードの砂漠の風景とか 仏教美術とか 幻想的な作風で知られています。

平山郁夫さんの作品は 広島県尾道市 平山郁夫美術館・山梨県北杜市のシルクロード美術館に 常設展示されています。

平山郁夫さんは 広島出身で 原爆被災者でもあります。

平山郁夫さんは 自分で絵を描く他に 東京芸術大学長・日本美術院理事長・日中友好協会会長など 数多くの経歴があります。

日本だけでなく アジア全域を対象に 仕事されていた 平山郁夫さんです。

介護・老人ホーム・介護施設

爪の痛みは 巻き爪 矯正すれば解消できそうです

歩き方が悪いと 足の爪が変形する?

足の指の爪は 歩くために必要なものです。

爪の役割って あまり 知られていませんけど・・・・

歩くときに足にかかる体重を受け止めてバランスをとるのが爪の役目です。

しかし 歩き方が悪いと 足の爪にかかる荷重のバランスが悪くなり  足の爪が変形してしまいます。

爪の変形が 巻き爪!!

爪が変形して 皮膚に食い込んでしまうと 痛みが始まります。

歩き方を直そうにも 痛くて歩けなければ 困ってしまいます。

足の爪が変形していたら 巻き爪 矯正で 爪を正常な状態に矯正したいものです。

足の爪が巻き爪になっているのは 車椅子利用者には 多く見られます。

歩かなくなると 爪が勝手な形に伸びてしまって 皮膚に食い込む形になってしまいます。

介護施設などの 車椅子の高齢者には 巻き爪や 爪の変形している人が多いものです。

車椅子を利用していて歩かないけど 巻き爪になって 足の指が痛い!!

爪の役割って 普段は 気にしないものですけど 変形して痛みを感じるようになると 爪の役割を 再認識するものです。

爪にも キチンとした役割があるものですね。 



介護・老人ホーム・介護施設

社会福祉士というと耳慣れない資格ですが これからは必要とされそうです

高齢化社会! というよりも すでに高齢社会になっている日本の人口構成です。

団塊世代の退職によって 労働人口の減少も 懸念されそうですね。

高齢社会は 長寿命化ですから 喜ばしいことだある反面 福祉の充実がなければ 厳しい老後の生活になるということでもありそうです。

福祉は 行政の仕事!!といいつつも 住民の隅々までは 目が行き届かない。

最近の 大原麗子さんの孤独死があったように 地域のコミュニケーション不足は 厳しい現実を招きます。

地域のコミュニケーションをはじめとした 地域福祉の充実が大切になりそうです。

地域をはじめ介護などの社会福祉を 進めていく上で 必要な人が 社会福祉士です。

社会福祉士の資格自体が比較的に新しいものです。

社会福祉士自体が あまり注目されていない部分もありますから 社会福祉士の存在は あまり知られていないのが 現実ではないでしょうか???

高齢者問題・生活保護などの弱者・介護などの 福祉問題に精通した 社会福祉士のニーズは ますます 広がって行きそうです。

特に 長寿命になれば 介護の必要な人が増える確立が増えることともいえそうですから 介護については 地域で 考えていきたいものですね。

田舎の集落で 隣近所が助け合って生活するようなコミュニケーションの形態は 都会で生活する上でも 参考になりそうです。

地域コミュニケーションの再構築などを考える上で 社会福祉士の存在は 重要なものといえます。

介護・老人ホーム・介護施設

インフルエンザ対策も兼ねる抗菌防臭できる不思議な水!

インフルエンザノロウイルスなど 目に見えないウイルスがイッパイ!!

ウイルスは 目に見えないだけに 対策が難しい・・・

消毒液などの薬品を使えば いいけれど 薬品と言っても毒薬の一種!

消毒薬と言っても 人畜無害とは言い切れないのも現実でしょう。

病気の元となるウイルス対策は ウイルスの除菌と ウイルスを増殖させない抗菌作用!

インフルエンザ・ノロウイルスなどに感染しやすいのが 乳幼児・高齢者などの 身体的弱者ともいえます。

さらには 病院に入院している 病人にとっても 免疫機能が落ちていますから 被害者になりやすい。

抗菌・除菌ができて 消臭・脱臭まで できれば 安全対策の手間も減るものです。

抗菌・除菌・消臭・脱臭効果があって 無害のものであれば 言う事無し!!

原料が安全である事!!当り前の事だけど 現実は 全てを満足しているかどうか 確認できないものもあるものです。

水で抗菌防臭できると言う 不思議ながあるんです。

人間の体も 大部分はでできているから 安心できそうです。

特に 幼児・高齢者などの 身体的弱者には 安全な 抗菌・除菌・防臭対策を したいものですね。

介護・老人ホーム・介護施設

介護の歌の次は「脳卒中の歌」身の危険を感じます

介護の歌「手紙」が 話題になり 介護の悲惨な状況がクローズアップされました。

介護の必要な状態になる病気の1つが「脳卒中・脳梗塞」等の 脳の病気です。

なんとなくおかしい・・・

もしかして 脳卒中かも・・・・

脳卒中の症状で気づきやすい状態「顔がゆがむ」「手が上がらない」「言葉がもつれる」を 取り入れた歌詞!!

生活習慣病「心臓病」「ガン」「脳卒中」のなかで 緊急を要するのが「脳卒中」等の 脳に原因があるものです。

手遅れになれば 死亡原因にもなるし 回復しても 介護が必要な状態・・・・

プロの作詞作曲じゃないけど ダイレクトに感じる脳卒中の症状です。

公開されているサイトは「愛する人を救うために-脳卒中になったとき」NPO法人「救急医療の質向上協議会」(埼玉県越谷市)

将来は 介護を受けられそうもないですし(笑)自分で 自分の健康は 守っていくものですね。

介護・老人ホーム・介護施設

介護の歌「手紙〜親愛なる子供たちへ〜」(樋口了一)に注目が集まってます。

受付嬢
♪年老いた私が ある日 今までの私と 違っていたとしても どうか そのまま 私を理解してほしい・・・・・♪

■樋口了一 CD【手紙 〜親愛なる子供たちへ〜】

歌詞全文は コチラ

樋口了一さんの「手紙〜親愛なる子供たちへ〜」という歌の歌詞の 頭の部分です。

YOU TUBEでも 聞けます。コチラ

着うたフルもあります。 コチラ

認知症の介護の仕事をしている人にとっては 当たり前の事でも 普通の人にとっては 認知症を理解する歌が 「手紙〜親愛なる子供たちへ〜」です。

介護問題は 将来 必要な事と解っていても 避けられてきた現実があります。

テレビ・新聞・雑誌などの メディアで 数多く取上げられている 介護の問題ですが 流してしまう事が多い・・・

現実 自分の家族に介護が必要になったときには 大きなショックを感じそうです。

先日 清水由貴子酸の自殺の原因が 介護疲れ!とも言われました。

また 南田洋子さんが 認知症!ということで 「待ってくれ、洋子」の本も 売れ行き好調みたいです。

介護に関心がある人と 無関心な人に 分かれるようです。

若い人に 「介護」といっても 同居している高齢者がいない場合には 理解できないのも現実です。

「介護の歌」というのが 正しいかどうか?は 解りにくいですけど 「手紙〜親愛なる子供たちへ〜」は 音楽と言う 介護とは 別のジャンルで 表現しています。

注目の話題「介護」をテーマにした歌は 紅白歌合戦の出場候補にもなりそう・・・・

■樋口了一 CD【手紙 〜親愛なる子供たちへ〜】

オリコンでも 上昇中だし・・・「千の風にのって」の 再来になるかも・・・

介護・老人ホーム・介護施設

介護施設(特養・老健)にもストレステストが必要!貧窮介護職員を生む土壌?

介護の問題で 在宅介護・介護施設に 注目が集まりそうです。

在宅介護では「老労介護」や「介護疲れ」更には「介護が原因の事件」は メディアに取り上げられる以上に 悲惨な現実があります。

メディアに取り上げられているのは 比較的に 軽症な案件だといえます。

介護も お金があれば 介護施設(特別養護老人ホーム(特養)・有料老人ホーム・老人保健施設(老健))を利用する人が増加するでしょう。

結局 老後もお金があるかどうかが 大問題ですね。

お金があれば 介護施設などで 快適な生活ができるし お金が無ければ 介護が受けられずに 苦しい老後になってしまうというのが 現実です。

介護施設は 立派な建物に 豪華な設備の施設が多い・・・・

しかし 介護施設の運営実態は???

介護施設は 介護保険からの収入に頼っています。

有料老人ホームは 介護保険に頼らないけど 入居金も毎月の必要費用も高額!!とても 普通のサラリーマンでは 入れそうにない・・・
介護施設にだまされるな!
介護施設の建物は 立派なものが多いだけに 建築費も掛かっているし(土地代も) 設備費も掛かっている。

建築費が高ければ 銀行などからの借入れも多いし・・・・

銀行ローンが多ければ 毎月の返済額も多い・・・

介護保険からの 収入を 銀行ローンの返済と 介護職員の給料に充当するとなると・・・・

介護職員の給料は 低くなる・・・・

介護施設の 介護職員の 低賃金は 介護施設の豪華さと 反比例するものといえそうです。
介護施設の雇用管理と労働者意識
介護保険からの収入は 介護職員の給料になるとは限らないのが現実の姿です。

古い特養などの介護施設の 介護職員の給料は 新しい介護施設よりも 高めですね。

しかし 古い特養は 入所費用も低いから 介護職員の給料にも 大きな差はつきません。

介護施設の健全性をチェックするのは??

アメリカでは 銀行の健全性を調べるストレステストが 行われました。

介護施設でも 健全性を保つことが 良質な介護を提供することになります。

介護職員の離職・転職にも 注目が集まっていますけど 3K(低賃金・重労働・汚い)に対しての 相応する待遇が必要でしょう。

給料が高ければ 重労働でも排泄介助などの 汚い仕事でも するものです。

介護職員も 最終的には 生活するためには お金が必要!!

同じ金額の収入なら 楽な仕事がいいし・・・・

介護職員の 犠牲的精神で 今の介護業界が支えられていることは どこかに 大きな歪が生まれ 介護の人材不足の拡大につながります。(すでに介護職員不足ですけとど・・・)

医師不足による医療崩壊には 注目が集まっていますけど 介護職員不足による 介護崩壊!介護難民の発生に対しての注目度は まだ低いものです。

病気にならなければ 病院は要らないけど 高齢になれば 病気にならなくても介護は必要!!

前日まで元気な高齢者が 介護不要のポックリ死を迎えるとは 考えにくいものです。

問題が多すぎる 介護問題!!

介護保険の法律も 穴だらけだし・・・・

介護から 利益を上げようとする 介護ビジネスは 必要なものですけど 介護施設を運営するのは 素人ではなく 経営のプロが必要です。

立派な介護施設も 実態は 個人商店みたいなものといえそうです。 

介護・老人ホーム・介護施設

講演依頼して聞いてみたい介護の実態と本音!

最近の注目の話題は 派遣切りなどで話題になってる「仕事の仕方」と「介護の実態」です。

現在の問題であると共に 将来の生活に影響しそうな 仕事と介護については 身近に感じさせられる部分が多くあります。

テレビ・新聞・雑誌などのメディアに登場する話題ですけど 生の声を聞いて 本音と建前を 聞いてみたいものです。

介護についての 講演依頼って 誰が適任か?と言うと 人選に困ります。

介護施設や在宅介護に 直に かかわった人の話が 一番 参考になりそうですけど・・・・

色々な問題に対して メディアは 中立な立場で 報道します。

「本音と建前」や「表面と裏側」等 メディアに現われない 本当の姿を知るには 経験者の講演を聞くのが 参考になります。

介護・老人ホーム・介護施設

介護業界も派遣切り!人材不足でも派遣社員は要らない?

介護業界の人材不足が注目されています。

介護業界には 正職員(正社員)・準社員(契約社員)・パート・派遣社員など 色々な雇用形態が存在します。

介護業界で働く人たちの中で 正職員(正社員)は60万人位 非正職員は30万人位といわれています。

外見上は 同じ仕事をしていても 3人に1人は 非正職員という事になります。

3月は卒業シーズン!! 4月になると新卒者を 介護職員として採用!!

介護施設の派遣社員・パートは 新卒の介護職員を採用するまでの 調整要員なのです。

派遣社員は 介護施設ではなく派遣会社の社員ですから 給与体系も違います。

時給の高い派遣社員よりも 給料の安い新卒の介護職員に切り替え!!

派遣切りは 製造業だけではない!!

派遣社員よりは 時給の安いパートでも 新卒の介護職員の採用次第では 契約満了!!という形がとられます。

人材不足といわれる介護業界ですが 企業が海外への工場移転などで 製造コストを下げるように 給与の安い人材を求めて 派遣切りをしています。

介護施設は 人件費を下げなければ 利益が出ない!!

企業の海外移転のように 海外進出のできない介護施設は 派遣社員を派遣切り!!

タダでさえ給与の安い介護業界でも 派遣切りをしている実態を 誰も 取り上げない!!

介護から離れていく人たちの中には 派遣切り!に合った人たちも多いんです。

介護施設の運営者が 長期的に 人材育成を怠ってきた結果が 介護の人材不足の一因にもなっているんです。

医療崩壊は メディアにも大きく取り上げられていますけど 少子高齢化になってくると 介護崩壊・介護難民ということが 大きく クローズアップされそうです。


興信所

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。